■ウォーターサーバー 基礎知識

【ウォーターサーバー選びで後悔しないために】主要メーカー26社を3つのタイプにスッキリと分類してみた

ウォーターサーバーってメーカーや種類がいっぱいあってどれを選べば良いのかよくわからないなぁ・・
メーカーはいっぱいあるんだけど、ウォーターサーバーって たった3つのタイプに分かれているだけなんだよ。ここが整理できれば選ぶのがラクになるんだ。

 

数多くあるウォーターサーバー。何を基準にどうやって選べば良いのかよくわからないという人がとても多くいます。
私もその一人でした。

 

 

今回は、ウォーターサーバーの基本である3つのタイプ(給水方式についてご紹介します。

ウォーターサーバーの選び方①:はじめに知っておきたい2つの基礎知識

 

後悔しないウォーターサーバー選び:3つの給水方法

ウォーターサーバーは給水方法によって3つのタイプに分類されます。

  1. ボトルタイプ :ボトルやパック容器から給水
  2. 直結タイプ  :水道管からパイプを直結して自動で給水
  3. 補給タイプ  :手作業で水道水を給水

 

直結タイプと補給タイプは『浄水型ウォーターサーバー』『浄水サーバー』などとも呼ばれることもあり、おもに水道水を浄水フィルターでろ過した水を利用するタイプとなります。

 

ウォーターサーバーの給水方式

圧倒的にボトルタイプを扱うメーカーが多いんです。

ウォーターサーバーの主流はボトルタイプだったんです!

上記の3つのタイプの他に、市販のペットボトルを使うタイプもありますが、取り扱いメーカーが1社のみのため本記事では割愛します。こちらの記事で詳しくご紹介しています。私も使っているとても魅力のある商品です。

月額980円・解約金不要!市販の2ℓペットボトルが使えるドリームサーバー!

 

ボトルタイプ

天然水やRO水が選択でき、ボトル容器単位で水を購入

ボトルタイプは、ウォーターサーバーのなかではスタンダードなタイプです。
多くが『ボトル』と呼ばれる12ℓ前後の容器を使用します。

  1. ボトルを注文
  2. 宅配便で受取り・保管
  3. サーバー本体にセットして利用
  4. 使用後は本体から取り外して処分または返却

  • ワンウェイボトル容器:資源ごみとして各家庭で廃棄処分が可能
  • リターナブルボトル容器:専門業者により回収&リサイクル

このようなサイクルで使用していきます。
ボトルタイプでは、『天然水』と『RO水』のどちらでも選ぶことができます。

Good & Bad

ここがGood!

  • 天然水やRO(アールオー)水が選べる
  • 取扱いメーカーが多く機種の選択肢が広い

ここがBad!

  • 大きく重たいボトル容器の保管やセットがメンドウ
  • 毎月の利用ノルマが設定されていることが多い

こんな方におすすめ

  • おいしい天然水やピュアなRO水を使いたい方
  • デザインやカラーにこだわりたい方
  • 小型の卓上型から大型の業務用まで多くの機種から選びたい方

ウォーターサーバーの選び方③:ボトルタイプ59機種を14機種に厳選!6つの用途に分けてご提案

 

直結タイプ

利用料は定額の使い放題!水道管から直結し手間なく給水

直結タイプは、ボトル容器や手作業での給水ではなく、水道管から直接本体に水道水を引き込んで使うタイプのウォーターサーバーです。
タンクの取り換えや手作業での補給が不要なので、3つのタイプの中では最も手間のかからないウォーターサーバーです。
唯一取付工事を伴うタイプでもあることと、給水菅をつなぐため設置後の移動ができない点は事前に注意が必要です。
直結タイプでは、『浄水』と『RO水』を選ぶことができ、天然水は選ぶことができません。

直結タイプのイラスト

Good & Bad

ここがGood!

  • 月額定額制なので利用料金が安い
  • 水道管から直接給水できるので手間がいっさいかからない

ここがBad!

  • 水道管をつなぐ工事が必要で設置後は本体を移動できない
  • 天然水は利用できない

こんな方におすすめ

  • できるだけ安く、料理にもたっぷりとお水を使いたい方
  • ボトルの交換など、給水の手間を省きたい方
  • 天然水にこだわりの無い方

ウォーターサーバーの選び方④:『直結タイプ』4機種の比較とランキング

 

補給タイプ

利用料は定額の使い放題!手作業で水道水を補給する

補給タイプは浄水サーバーとも言い、ウォーターサーバー本体のタンクに手作業で水を補給して使うタイプです。
本体に取り付けてあるフィルターで水道水をろ過し、『浄水』した水を飲料等に利用します。
補給タイプでは、『浄水』のみ選ぶことができます。『天然水』や『RO水』は選べません。

Good & Bad

ここがGood!

  • 月額定額制で利用料が安い
  • 浄水サーバーとも呼ばれ、水道水を利用して手軽にサーバー機能が使える

ここがBad!

  • 手作業で水道水を補給する必要がある
  • 天然水やRO水は利用できない

こんな方におすすめ

  • 天然水やRO水にこだわりが無く、浄水で構わない方
  • 手作業での給水に手間を感じない方
  • 家の中で移動して使いたい方

ウォーターサーバーの選び方⑤:73機種から水道水補給タイプ3機種を比較!おすすめはこの1台!!

 

給水方式と水の種類

ウォーターサーバーでは、給水方式の違いによって利用できる水の種類は変わってきます。
例えば、天然水を利用したい場合は『ボトルタイプ』を選択することになり、『直結タイプ』や『補給タイプ』を選択することはできません。
下記の一覧表は、給水方式と水の種類を整理したものです。

水の種類と給水の対比表

一部のメーカーで複数の水の種類、複数の給水方式を取り入れています。

  • 天然水とRO水の両方を扱っているメーカー:オーケンウォーター、ワンウェイウォーター
  • RO水と浄水の両方を扱っているメーカー:ウォータースタンド、楽水(らくみず)
  • ボトルタイプと直結タイプの両方を扱っているメーカー:フレシャス
  • アルピナを扱っている㈱トーエルは、水の種類でブランドを分けています。天然水:信濃湧水、RO水:アルピナ・ハワイアンウォーター

ウォーターサーバーの選び方①:はじめに知っておきたい2つの基礎知識

 

後悔しないウォーターサーバー選び:主要26メーカーを3つのタイプに分類

ここまでにご紹介した通り、ウォーターサーバーはメーカーごとに3つの給水タイプに分けられます。
代表的なメーカーを給水タイプ別に3つに分けてみます。

  • ボトルタイプ  :19社 
  • 直結タイプ   :  4社
  • 補給タイプ   :  3社

 

圧倒的にボトルタイプが多いことがわかります。
ウォーターサーバーの主流は『ボトルタイプ』ということになります。

 

3つのタイプにメーカーを割り振ってみた!

それでは3つの給水タイプに具体的なメーカーを振り分けてみます。

ウォーターサーバーの画像

ボトルタイプ 直結タイプ 補給タイプ
当サイトおすすめ

>>フレシャス

当サイトおすすめ

>>楽水(らくみず)

当サイトおすすめ

>>エブリィフレシャス

当サイトおすすめ


>>アルピナウォーター

当サイトおすすめ


>>ウォータースタンド

>>ハミングウォーター

当サイトおすすめ


>>プレミアムウォーター

>>キララウォーター

>>Locca



アクアクララ



>>AQUA STYLE

アクアセレクト

ウォーターワン

うるのん

オーケンウォーター

(本契約)

クリクラ

ウォーターサーバー

クリスタルクリアウォーターズ

コスモウォーター

信濃湧水

どこよりもウォーター

ネイフィールウォーター

ピュアハワイアンウォーター



富士桜命水

フレール「千里の命水」



LOHASUI(ロハスイ)

ワンウェイウォーター

※おすすめの下は名前順で並べています

関連記事:定額制のウォーターサーバーを徹底比較!用途にあったタイプを見つけたい

 

 

後悔しないウォーターサーバー選びのまとめ

今回は26の主要なウォーターサーバーメーカーを給水タイプ別に3つに分けてみました。

  • ボトルタイプ : 19社
  • 直結タイプ  :   4社
  • 補給タイプ  :   3社

 

ウォーターサーバーの主流はボトルタイプだということがわかります。
便利に活用しているユーザーが多いボトルタイプですが、使用するシーンによっては直結タイプや補給タイプの方が便利に使える場合もあります。
3種類の給水方式を9つの用途に分類!

ウォーターサーバーのグラフ

ウォーターサーバーをどのような用途に活用したいのか事前にイメージすることで、後悔しない選択ができるようになります。
導入してから『こんなはずじゃなかった・・』とならないよう、参考にしていただければ嬉しいです。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

無料お試しができるウォーターサーバー6機種をご紹介!

 

 

 

 

Translate »