■ウォーターサーバー 比較ランキング

【悩み解決!】用途別ウォーターサーバーランキング!ボトルタイプ59機種を徹底比較

タイトル画像

『ボトルタイプ』がウォーターサーバーの主流みたいだけど種類がいっぱいあって迷うなぁ・・
いっぱいあってもたいして違いなんてないんでしょ?
同じボトルタイプでもメーカーによって、機種によって料金も機能もさまざまなんだ。
主要なメーカー19社・59機種を整理してみたから自分に合う機種がきっと見つかるはずだよ。

 

ウォーターサーバーの主流であり、ほとんどの方が検討することになる『ボトルタイプ』。
主流だからこそ選べる選択肢が多く迷ってしまう事ってありますよね。

今回は59機種のウォーターサーバーから6つの用途に合わせた機種を厳選してご紹介していきます。

導入した後に『失敗した!』『後悔している・・』そんな気持ちにならないように一緒に学んでいきましょう。

 

ウォーターサーバーの基礎知識

はじめに、ボトルタイプのウォーターサーバーを選ぶ際にとても大事な3つの基礎知識を簡潔におさらいしたいと思います。

  1. 水の種類
  2. 給水方式
  3. 利用料金

 

基礎知識 :水の種類

ウォーターサーバーで使われている水の種類はつぎの3つです。

  1. 天然水
  2. RO(アールオー)水
  3. 浄水

簡潔にご紹介します。

大事なポイント!

↓ タブを切り替えて表示できます ↓

水の種類

自然のミネラルを含んだ美味しさを感じる水

特定水源の地下水を原水とし、国の基準に沿って最低限の殺菌処理をした天然のミネラル成分を含んだ水のことです。
ミネラルを含むことで、おいしさ・飲みやすさ・のどごしの良さを感じられることが特徴です。採水地によって含まれるミネラル成分がことなり、味わいも変わります。

天然水はこんな方におすすめ

  • お水の味わいや香りを感じたい方
  • 天然のミネラルを補給したい方

水の種類

人工的に作られた不純物を含まないピュアな水

生成工場の水道水や河川水を主な原水とし、海水を真水に変えるほど強力な『ろ過』性能を持つROフィルターによって、極限まで不純物を除去した純水のことです。
不純物と一緒にミネラル成分も除去してしまうため無味無臭なことが特徴です。そのためろ過後にミネラル成分を人工的に加えるメーカーが多数です。

RO水はこんな方におすすめ

  • 不純物はもちろん、ミネラルやイオンを含まない純水を飲用したい方
  • 究極に安全な水を日常で補給したい方

水の種類

塩素やカルキ臭を取り除いた飲みやすい水道水

家庭の水道水を原水とし、含まれる塩素やカルキ臭を除去することで、水道水独特の臭いや飲みにくさを軽減した水です。
一般的な蛇口に取り付ける浄水器と比べると浄水能力は高いものの、天然水やRO水と比べるとろ過能力は限定的です。

浄水はこんな方におすすめ

  • 利用料を安く抑えたい方
  • 水の品質にはあまりこだわりはなく、ウォーターサーバーの便利な機能をお手軽に利用したい方

【ウォーターサーバー基礎知識】選べるお水は3種類!初心者目線でわかりやすくご紹介

3つも水の種類があるなんて知らなかった!
ウォーターサーバーを検討するときに、最初に決めておきたいことのひとつなんだよ。

 

 

基礎知識 :給水方式

ウォーターサーバーには3つの給水方式があります。あまり触れられることのない部分ですが、給水方式によって選べる水や水交換のしかた、利用金額などに大きく関係する大事なポイントです。

  1. ボトルタイプ →今回のテーマはこちらのタイプです
  2. 水道直結タイプ
  3. 水道水補充タイプ

簡潔にご紹介します。

大事なポイント!

↓ タブを切り替えて表示できます ↓

ボトルタイプの画像

注文したボトル容器からサーバー本体へ給水

  • 主流のタイプのため選択肢が圧倒的に多いことが強み
  • 天然水・RO水のどちらも選択できる
  • 水を使う分だけ費用がかかる

今回の記事のテーマとなるタイプです

直結タイプのイラスト

水道管とサーバー本体を直結して自動的に給水

  • 浄水型サーバーとも言い、主に浄水した水道水を利用
  • 給水管を分岐する工事が必要
  • 給水管とつながっているため移動はできない
補給タイプの画像

水道水を手作業でサーバー本体へ給水

  • 浄水型サーバーとも言い、水道水を浄水フィルターでろ過して利用
  • 天然水やRO水は利用できない

【ウォーターサーバー基礎知識】3つの給水方式|知らないと後悔します!

 

給水方式を整理するとこのようになります。

選べる水の種類 比較 ボトルタイプの豊富なラインアップ
比較表 給水方式の違い ボトルタイプの画像
知らなかった・・給水方式がこんなに影響力あるなんて。
導入したあとで『失敗した』とか『後悔した』と感じる人の多くは、ここを理解していないことが多いんだ。
・・
迷っちゃってるみたいだね。
決められない時はボトルタイプ一択で大丈夫だよ。本来のウォーターサーバーはボトルタイプのことを言っているわけだし、なにより選べる機種が豊富だから悩みを解決してくれる機種がきっと見つかるから。

 

基礎知識 :利用料金

ウォーターサーバーの利用料金を考える時に、水の料金だけではなく『合計金額』で検討する必要があります。合計金額とは、水代・サービス料・レンタル料・電気代の4つの項目のことです。

 

利用料金の内訳

ボトルタイプの利用料金は『水代』だけではありません。次の4つの項目を合計した金額になっています。

  1. 水代    :必ず必要になる費用です
  2. サービス料 :メーカーによって設定がない場合もあります
  3. レンタル料 :メーカーによって無料の場合もあります
  4. 電気代   :通常モードとエコモードがあり不確定要素が強い傾向があるので参考程度に確認してください

 

4つの項目を図にするとこのようになります。

ウォーターサーバーの画像

メーカーによって価格設定はまちまちです。

月額の利用料金を見る際は、水代だけを気にするのではなく

これら4項目の合計金額を確認する必要があります。

 

そうは言っても、各社が同じ条件で料金表示やスペック表示をしているわけではありません。

そこで、この記事では公平に比べることができるように条件を整理したうえでおすすめの機種をご紹介していきます。

 

主要な機種の月額利用料金

ボトルタイプのウォーターサーバーを比較するにあたり、59機種の料金やスペックなどの条件を整理しました。

ウォーターサーバーの比較表

 

さらに、19メーカー・59機種から厳選した8メーカー・12機種についてさまざまな比較を行っていきます。

このグラフをもとに、6つの用途に合ったおすすめの機種をご紹介していきます。

料金比較

『水代が安い』とか『高い!』とか言うけど、トータルで見る必要があるんだね。
メーカーや比較サイトもだますつもりは無いだろうけど、しっかりと理解しないと判断を間違っちゃうかもしれないね。

 

次はいよいよ6つの用途別のおすすめ機種をご紹介していきます。

ボトルタイプ 6つの用途

ウォーターサーバーの画像

ボトルタイプのウォーターサーバーを検討する際、つぎの6つの用途のどれに当てはまるのかを考えてみてください。複数でも構いません。

  • 用途:小人数で使いたい
  • 用途:大人数で使いたい
  • 用途:天然水にこだわりたい
  • 用途:RO水にこだわりたい
  • 用途:移動させることも考えたい
  • 用途:備蓄水としても利用したい

今回は、こちらの6つの用途に合う機種をそれぞれご紹介していきます。

 

用途別ランキング ❶:小人数で使いたい

小人数におすすめ

 

小人数で使いたい:おすすめBest3

小人数におすすめ

小人数でのおすすめ1位

フレシャスの画像

フレシャス・デュオmini
月額料金(24ℓ使用の場合・税込) 6,233円
500mℓ換算(税込) 130円
電気代目安 490円
冷水温度 / 冷水タンク 5℃ / 0.8ℓ
温水温度 / 温水タンク 85℃ /0.9ℓ
サイズ 巾25×奥30×高47cm・7kg
  • 4.7ℓパック容器で水交換がらくらく
  • どこにでも置いておける軽量7kgの本体
  • インテリアの邪魔をしないコンパクトでおしゃれなデザイン
  • ミルク作りや健康維持に易しい70℃の温度設定

 

小人数におすすめ

小人数でのおすすめ2位

フレシャスの画像

フレシャス・デュオ
月額料金(24ℓ使用の場合・税込) 5,113円
500mℓ換算(税込) 107円
電気代目安 330円
冷水温度 / 冷水タンク 4℃ / 1.5ℓ
温水温度 / 温水タンク 85℃ /1.5ℓ
サイズ 巾29×奥36×高113cm・20kg
  • 7.2ℓ小容量パックだからお水の交換がらくらく
  • おいしい富士山の天然水が2種類から選択可
  • インテリアの邪魔をしないコンパクトでおしゃれなデザイン
  • ミルク作りや健康維持に易しい70℃の温度設定

 

小人数におすすめ

小人数でのおすすめ3位

フレシャスの画像

フレシャス・スラット
月額料金(24ℓ使用の場合・税込) 5,644円
500mℓ換算(税込) 118円
電気代目安 380円
冷水温度 / 冷水タンク 4℃ / 1.5ℓ
温水温度 / 温水タンク 90℃ /1.5ℓ
サイズ 巾29×奥35×高111cm・24kg
  • 9.3ℓのワンウェイパックを使用
  • ボトル内蔵+下置きなので水交換がラクラク
  • インテリアの邪魔をしないコンパクトでおしゃれなデザイン
  • ミルク作りや健康維持に易しい70℃の温度設定

【レビュー】フレシャススラットそのデメリットは?

 

小人数で使いたい:選ぶポイント

一人暮らしやシニア世代の方、赤ちゃんがいるご家庭など、1人~3人ほどの小人数でウォーターサーバーを検討している方は次のポイントに重点をおいて探すことをおすすめします。

小人数で選ぶ際のポイント

  • 小容量の容器またはパック容器が選べるか
  • 内蔵+下置き式で交換がラクにできるか
  • 本体がスリムでコンパクトな設計になっているか
  • 一般的なウォーターサーバーは、12ℓのボトル容器を本体の上部にセットするものが主流です。重さにすると12kg。10kgのお米より重たい容器をサーバー本体の上にのせることになり、女性やシニアの方には負担のある作業です。フレシャスやアクアクララ、アルピナやクリクラなど、小容量ボトルやパック容器をラインアップするメーカーが増えていますので検討する際に注目してみてください。
  • 容器をセットする位置も負担を減らす大事なポイントです。本体内部の足元に『下置き』する機種も徐々に増えてきており、取り換えの手間も軽減されます。(フレシャス、コスモウォーターなど)
  • 本体の形状やコンパクトさも大事なチェックポイントです。限られたスペースに、生活導線の妨げにならないよう設置できる機種を選ぶこともポイントです。

 

形状による水交換の違い

ボトルタイプで注意したいポイントは、ボトル容器をセットする位置です。
下の図は、『ボトルタイプ』で使われている4つのバリエーションを図解したもので、従来の上乗せ以外に、小容量・内蔵・パックなど、選択肢が増えていることがおわかりいただけると思います。

容器の位置図解

 

用途別ランキング ❷:大人数で使いたい

ウォーターサーバー比較表

 

大人数で使いたい:おすすめBest3

大人数におすすめ

大人数でのおすすめ1位

アルピナウォーターの画像

アルピナウォーター・eco
月額料金(24ℓ使用の場合・税込) 3,877円
500mℓ換算(税込) 81円
電気代目安 650円
冷水温度 / 冷水タンク 5℃ / 0.7ℓ
温水温度 / 温水タンク 85℃ /1.0ℓ
サイズ 巾31×奥33×高125cm・17kg
  • 12ℓ標準ボトルの他に18.9ℓの大容量が選べる
  • 500ml換算で81円はボトル最安クラス
  • スリム&シンプルな伝統的なデザイン

 

大人数におすすめ

大人数でのおすすめ2位

オーケンウォーターの画像

オーケンウォーター・smart
月額料金(24ℓ使用の場合・税込) 4,482円
500mℓ換算(税込) 93円
電気代目安 400円
冷水温度 / 冷水タンク 6℃ / 1.6ℓ
温水温度 / 温水タンク 90℃ /1.25ℓ
サイズ 巾30×奥34×高110cm・20kg
  • RO水・天然水のどちらも選択可能
  • 水交換がラクな下置きタイプ
  • 天然水が使える機種では安い料金設定、だから使用量が多くても経済的

 

大人数におすすめ

大人数でのおすすめ3位

コスモウォーターの画像

コスモウォーター・smartプラス
月額料金(24ℓ使用の場合・税込) 4,578円
500mℓ換算(税込) 95円
電気代目安 474円
冷水温度 / 冷水タンク 6℃ / 1.6ℓ
温水温度 / 温水タンク 90℃ /1.25ℓ
サイズ 巾30×奥34×高110cm・20kg
  • 水交換がラクな下置きタイプ
  • たくさん水を使っても使用後はコンパクトに処理ができるワンウェイボトル

 

大人数で使いたい:選ぶポイント

4人以上でウォーターサーバーを使用する場合を想定しています。

条件としては次の2つです。

  1. 12ℓ以上の大容量容器があること
  2. ボトルの視認性が高いこと

 

  • 大人数でウォーターサーバーを利用する際には大きな容器がラインアップされているかがポイントです。最低でも12ℓ容器は必要です。アルピナは18.9ℓのボトル容器もラインアップされています。
  • もうひとつ重要な点は、ボトルの視認性です。ここ数年はデザイン性を優先するためにボトルを内蔵またはカバーで覆うようなサーバーが増えていますが、水の残量が簡単に確認できない点を指摘する声も少なくありません。日常で活用するウォーターサーバーなので、デザイン以上に使いやすさを求めるユーザーも少なくありません。

 

用途別ランキング ❸:天然水にこだわりたい

天然水にこだわりたい

 

天然水で使いたい:おすすめBest3

天然水にこだわりたい

天然水にこだわりたい おすすめ1位

プレミアムウォーターの画像

プレミアムウォーター・cado
月額料金(24ℓ使用の場合・税込) 5,914円
500mℓ換算(税込) 123円
電気代目安 840円
冷水温度 / 冷水タンク 8℃ / 3ℓ
温水温度 / 温水タンク 90℃ /2ℓ
サイズ 巾30×奥39×高116cm・24kg
  • 全国6か所にある最寄りの採水地からこだわりの天然水を直送
  • 溶存酸素が減少しにくい非加熱処理の天然水で天然水本来のまろやかさ
  • 水質世界TOPクラス!モンドセレクション優秀品質賞受賞

 

天然水にこだわりたい

天然水にこだわりたい おすすめ2位

フレシャスの画像

フレシャス・デュオ
月額料金(24ℓ使用の場合・税込) 5,113円
500mℓ換算(税込) 107円
電気代目安 330円
冷水温度 / 冷水タンク 4℃ / 1.5ℓ
温水温度 / 温水タンク 85℃ /1.5ℓ
サイズ 巾29×奥36×高113cm・20kg
  • 唯一、バナジウム豊富な富士山の銘水を2種類から選べるサーバー
  • 唯一、国内3か所の天然水を好きな時に好きな銘柄に変更できるサーバー
  • 女性やシニアでも水交換がラクにできる7.2ℓパック容器
  • ミルク作りや白湯にも便利な70℃温度設定

 

天然水にこだわりたい

天然水にこだわりたい おすすめ3位

信濃湧水の画像

信濃湧水・eco
月額料金(24ℓ使用の場合・税込) 4,211円
500mℓ換算(税込) 88円
電気代目安 470円
冷水温度 / 冷水タンク 5℃ / 0.7ℓ
温水温度 / 温水タンク 85℃ /1.0ℓ
サイズ 巾31×奥33×高130cm・17kg
  • 天然水ボトルサーバーでは最安クラス
  • 北アルプスの1,220m地点、一般人の立ち入り制限区域で採水したこだわりの天然水

 

天然水にこだわる場合のポイント

天然水の特徴

  • カルシウムやマグネシウムなど天然由来のミネラル成分が豊富
  • ミネラル成分はまろやかさ・舌ざわり・のど越しを決める成分のためおいしく感じる
  • 天然ミネラルは健康や美容に欠かせない成分
  • 採水地により含まれるミネラル成分が異なる

ウォーターサーバーを検討する際に天然水にこだわりを持って検討する方はとても多くいらっしゃいます。

天然水とは、
ろ過・沈殿および殺菌(加熱・非加熱)以外の物理的・科学的な処理を施さない、特定水源より採水された地下水のことを言います。

天然水は扱うメーカーによって採水地が異なります。
主な採水地は次の4エリアです。

  • 富士山周辺
  • 京都周辺
  • 大分・熊本周辺
  • 長野周辺

天然水扱いブランド

こうして並べると富士山周辺の天然水が人気あるのがわかります。

 

用途別ランキング ❹:RO水にこだわりたい

RO水にこだわりたい

 

RO水で使いたい:おすすめBest3

RO水にこだわりたい

RO水にこだわる方におすすめ1位

アルピナウォーターの画像

アルピナ・eco
月額料金(24ℓ使用の場合・税込) 3,877円
500mℓ換算(税込) 81円
電気代目安 650円
冷水温度 / 冷水タンク 5℃ / 0.7ℓ
温水温度 / 温水タンク 85℃ /1.0ℓ
サイズ 巾31×奥33×高125cm・17kg
  • 12ℓ標準ボトルの他に18.9ℓの大容量が選べる
  • 500ml換算で81円はボトル最安クラス
  • スリム&シンプルな伝統的なデザイン

 

RO水にこだわりたい

RO水にこだわる方におすすめ2位

クリクラの画像

クリクラ・Fit
月額料金(24ℓ使用の場合・税込) 4,370円
500mℓ換算(税込) 91円
電気代目安 990円
冷水温度 / 冷水タンク 5℃ / 2.3ℓ
温水温度 / 温水タンク 90℃ /2.0.5ℓ
サイズ 巾25×奥38×高99cm・15kg
  • RO水にバランスの良い4種のミネラルを配合
  • RO機種では希少!抗菌・再加熱機能を搭載
  • 1年ごとに本体交換でいつまでも清潔

 

RO水にこだわりたい

RO水にこだわる方におすすめ3位

アクアクララの画像

アクアクララ・ファブ
月額料金(24ℓ使用の場合・税込) 5,038円
500mℓ換算(税込) 105円
電気代目安 800円
冷水温度 / 冷水タンク 5℃ / 3.3ℓ
温水温度 / 温水タンク 90℃ /1.8ℓ
サイズ 巾29×奥35×高132cm・16kg
  • 10年連続モンドセレクション金賞受賞のデザインウォーター
  • 年に一度の本体定期点検で清潔長持ち!
  • SNSでも話題のスリム&デザインサーバー

 

RO水にこだわる場合のポイント

RO水の特徴

  • 水道水・河川・湖水・井戸水・湧水を原水としている
  • RO膜という特殊フィルターで極限まで不純物を取り除いた純水
  • 海水を真水に代えるほどのろ過性能
  • 不純物と同時にミネラル成分も取り除くため無味無臭
  • 原水を選ばず人工的に製水できるため比較的安価

 

RO(アールオー)水とは、
水道水や河川、井戸水や湧水を原水とした水をRO膜フィルターを通してろ過した真水(純水)のことを言い、ピュアウォーターとも呼ばれる水です。

ほぼ100%の純度があり、不純物ばかりではなく微量に含まれるミネラル分も完全にろ過されるため、『きれいな水』である反面、無味無臭で味わいを感じることができない水でもあります。

そのため、ろ過したRO水に人工的にミネラル分を加えたものが一般的に利用されています。

メーカーによっては、天然水を原水としてROろ過しているものもありますが、RO処理をした時点で天然水に含まれる成分は全て取り除かれてしまうため、製水される水は他のRO水と同様の水質です。

原水を選ばず、人工的につくることができる水のため、比較的低価格なことも特徴です。

  • アクアクララ    :4種のミネラルを加えたデザインウォーター
  • アルピナ      :天然水をROろ過
  • 美味しい水の宅配便 :天然水とRO水の選択が可能
  • クリクラ      :ミネラル成分を加えたRO水
  • フレール      :天然水をROろ過
  • ワンウェイウォーター:ミネラル成分を加えたRO水

 

 

用途別ランキング ❺:移動して使いたい

移動して使いたい

 

移動も考えたい:Best3

移動もしたい

移動もしたい方におすすめ1位

フレシャスの画像

フレシャス・デュオmini
月額料金(24ℓ使用の場合・税込) 6,233円
500mℓ換算(税込) 130円
電気代目安 490円
冷水温度 / 冷水タンク 5℃ / 0.8ℓ
温水温度 / 温水タンク 85℃ /0.9ℓ
サイズ 巾25×奥30×高47cm・7kg
  • 4.7ℓパック容器で水交換がらくらく
  • どこにでも置いておける軽量7kgの本体
  • インテリアの邪魔をしないコンパクトでおしゃれなデザイン
  • ミルク作りや健康維持に易しい70℃の温度設定

 

移動もしたい

移動もしたい方におすすめ2位

プレミアムウォーターの画像

プレミアムウォーターamadanaグランデサーバー
月額料金(24ℓ使用の場合・税込) 5,684円
500mℓ換算(税込) 118円
電気代目安 610円
冷水温度 / 冷水タンク 6℃ / 2.0ℓ
温水温度 / 温水タンク 87℃ /1.1ℓ
サイズ 巾39×奥39×高139cm・19kg
  • デザイン家電ブランドamadanaとコラボしたコンパクトデザインサーバー
  • どんな部屋にも違和感なく溶け込むシンプルな色合いとフォルム
  • コンパクトな本体でも性能機能はフルサイズ以上

 

移動もしたい

移動もしたい方におすすめ3位

フレシャスの画像

フレシャス・スラット
月額料金(24ℓ使用の場合・税込) 5,644円
500mℓ換算(税込) 118円
電気代目安 380円
冷水温度 / 冷水タンク 4℃ / 1.5ℓ
温水温度 / 温水タンク 90℃ /1.5ℓ
サイズ 巾29×奥35×高111cm・24kg
  • 9.3ℓのワンウェイパックを使用
  • ボトル内蔵+下置きなので水交換がラクラク
  • インテリアの邪魔をしないコンパクトでおしゃれなデザイン
  • ミルク作りや健康維持に易しい70℃の温度設定

【レビュー】フレシャススラットそのデメリットは?

 

移動を考える場合のポイント

家の中を移動して利用することを考えている場合、次のことを前提としています。

  1. 卓上または卓上に近いサイズ感
  2. 床置きの場合はスリムでコンパクトな形状
  3. 小容量ボトルやパック容器で比較的軽量

 

『家の中で移動させることってあるの?』
という意見も出てきそうですが、実はちょっとした移動を行う家庭がほとんどです。
今回ご紹介している『ボトルタイプ』は全て移動することができるウォーターサーバーですが、
ここではよりラクに移動することができる機種をご紹介しています。

 

 

用途別ランキング ❻:備蓄にも使いたい

備蓄

 

備蓄も考えたい:おすすめBest3

備蓄もしたい

備蓄もしたい方におすすめ1位

プレミアムウォーター・スリムサーバーⅢ
月額料金(24ℓ使用の場合・税込) 4,604円
500mℓ換算(税込) 96円
電気代目安 630円
冷水温度 / 冷水タンク 6℃ / 2.4ℓ
温水温度 / 温水タンク 85℃ /1.8ℓ
サイズ 巾27×奥36×高128cm・19kg
  • 非常時に備えて防災キット(別売)を準備することでボトル容器から直接給水可能
  • 電気が止まっても常温水を使うことができる
  • ワンウェイボトル容器は非常時に備えてストックでき、使用後はコンパクトにまとめることが可能

 

備蓄もしたい

備蓄もしたい方におすすめ2位

コスモウォーターの画像

コスモウォーター・smartプラス
月額料金(24ℓ使用の場合・税込) 4,578円
500mℓ換算(税込) 95円
電気代目安 474円
冷水温度 / 冷水タンク 6℃ / 1.6ℓ
温水温度 / 温水タンク 90℃ /1.25ℓ
サイズ 巾30×奥34×高110cm・20kg
  • 非常時に備えて防災キット(別売)を準備することでボトル容器から直接給水可能
  • ワンウェイボトル容器は非常時に備えてストックでき、使用後はコンパクトにまとめることが可能

 

備蓄もしたい

備蓄もしたい方におすすめ3位

アルピナウォーターの画像

アルピナ・eco
月額料金(24ℓ使用の場合・税込) 3,877円
500mℓ換算(税込) 81円
電気代目安 650円
冷水温度 / 冷水タンク 5℃ / 0.7ℓ
温水温度 / 温水タンク 85℃ /1.0ℓ
サイズ 巾31×奥33×高125cm・17kg
  • 12ℓ標準ボトルの他に18.9ℓの大容量が選べる
  • 500ml換算で81円はボトル最安クラス
  • 長期保存ができるRO水であり、かつミネラル等の添加もない純水なので雑菌が繁殖しにくくさらに長持ち

 

備蓄を考える場合のポイント

災害に備え備蓄水として検討している場合は、つぎの条件を前提としました。

  1. ボトル容器が単体で利用できる
  2. 専用の防災キットがある
  3. 停電時にも常温水が使える

非常時に備えて備蓄に活用できるのも、『ボトルタイプ』の大きなメリットです。

ライフラインが復旧するまでの一週間分を備蓄することがひとつの目安です。
飲料用+食事用として大人ひとり1日あたり3ℓの水が必要と言われています。
4人家族では1週間分で84ℓ、2ℓのペットボトルだと42本必要な計算です。
多くのウォーターサーバーのボトル容量は12ℓなので、7つのボトルを備蓄することで非常時に備える事ができます。

ボトルタイプの場合、天然水とRO水を選択できますが、備蓄できる期間にも差があります。

  • 天然水の場合:6ヶ月間が目安
  • RO水の場合  :1年間が目安

注意点としては、一般的に不純物の無いRO水が長持ちしますが、一度開封してしまうと天然水以上に日持ちがしなくなる恐れがあるということです。
これは開封し不純物が混入することで雑菌が繁殖しやすくなるためです。
備蓄を検討する場合は、未開封を前提に保管するようご注意ください。

 

ウォーターサーバー|用途別ランキングのまとめ

今回は主要なウォーターサーバーメーカー19社・59機種の中から、8社・12機種を厳選し、さらに6つの用途に合わせたおすすめのウォーターサーバーをご紹介してきました。

ウォーターサーバーの画像

 

用途別のランキング結果は次の通りです。

 

このような結果になりました。

ウォーターサーバーは一度導入すると1年~3年は使うことになり、気軽に別の機種に変更することはできません。

導入したあとで後悔しないために、こちらの記事を参考に機種選びをすすめていただければ幸いです。

 

今回も最後までお読みいただきどうもありがとうございました。

 

無料お試しができるウォーターサーバー6機種をご紹介!

 

 

 

 

 天然水ウォーターサーバー【信濃湧水】

Translate »