■ウォーターサーバー 比較ランキング

【ウォーターサーバーの選び方⑤】73機種から水道水補給タイプ3機種を比較!おすすめはこの1台!!

新鮮な水の写真

ウォーターサーバーには興味があるんだけど、大きくて重たいボトル容器の交換って大変そう・・
ボトルの受取りや保管も毎回だと面倒かも。
ウォーターサーバーの主流は『ボトルタイプ』で、多くのユーザーやファンが多いんだけど、今回紹介する『補給タイプ』は使い方によってはとても魅力のあるウォーターサーバーなんだよ。

 

ウォーターサーバーというと、ボトル容器を本体にセットして使うタイプが主流です。でも
毎回、使う分だけ ボトルを注文・受取り・保管・サーバー本体にセット・使用後に処分や回収・・。

ひと月に数回だけですが、このような手間を省きたい方もたくさんいます。
私もそのひとりです。

今回は、ボトル容器を使わない『補給タイプ』のウォーターサーバーをご紹介します。

比較した73機種の中で補給タイプのウォーターサーバーは3機種。
意外と種類が少ないことに驚きます。
そしてはじめに結論!

おすすめは『エブリィ・フレシャス』です。

補給型の画像

給水の比較表

それでは順番にご案内していきます。

 

 

『補給タイプ』がおすすめの用途は3つ

『補給タイプ』は浄水型ウォーターサーバーとも言い、水道水を手作業でサーバー本体に給水し浄水した水を利用するタイプのウォーターサーバーです。

 

タイプ別の用途

補給タイプを選ぶ際におすすめしたい用途は次の3つです。

  • 小人数で使いたい(1人暮らし・シニア世代・赤ちゃんのいるご家庭)
  • 移動して使うこともある
  • コストを優先したい

用途についてこちらの記事で詳しくご案内しています。
>>後悔しないシリーズNo.2:用途別・タイプ別に絞り込んでみよう

 

『補給タイプ』の特徴・メリットとデメリット

最初に、補給タイプのウォーターサーバーについて簡単におさらいしたいと思います。
詳しい内容はこちらの記事をご確認ください。

>>後悔しないシリーズNo.1:これだけは知っておきたい基礎知識
>>後悔しないシリーズNo.2:用途別・タイプ別に絞り込もう

補給タイプのおさらい

↓タブを切り替えて表示できます↓

『補給タイプ』の特徴

  • 大きくて重たいボトル容器は使わない
  • 水道水を手作業で補給して使う
  • 月額定額制だから安い利用料金で使うことができる

給水方式の図解

ボトル(多くが12ℓ入り・重さ12kg)の注文・配送の受取り・本体へのセット・使用後の処分や回収などの手間をかけずにウォーターサーバーを使う事ができます。

ボトルを使わないかわりに、手作業で水道水を補給する必要があります。

『補給タイプ』の全ての機種は、3,000円~4,000円台の月額定額制なので、いくら水を使っても定額以上の費用はかかりません。

水道料金は使った分だけ必要になりますが、水道代の目安としては1ℓあたり0.24円。100ℓ使っても24円程度が目安となり、それほど大きな金額ではないことがわかります。

『補給タイプ』のメリット

  • ボトル容器の受取り・保管・セット・処分の手間がいらない
  • 月額定額制なので安く利用できる
  • 本体の移動ができる

ボトル容器に関わる手間が一切不要なのが一番のメリットです。

利用料金は月額定額なので、いくら水を使っても利用料金は変わりません。
国内の水道料金は1ℓあたり0.24円が目安となり、100ℓ使っても24円程度です。
電気代は一般的なウォーターサーバーと大きな違いはなく、400円~1,000円/月が目安になります。

重たいボトルを使わず、給水管をつなぐ必要もないため、部屋の中での移動も比較的しやすいことも特徴です。

『補給タイプ』のデメリット

  • 水道水を手作業で補給する必要がある
  • 浄水のみ選択できる(天然水やRO水は選択できない)

ボトルタイプはボトル容器をサーバー本体にセットするのに対して、補給タイプは手作業で水道水を本体タンクに補給することになります。
大人数でたくさんの水を使うような用途には不向きです。

また、水道水を原水として利用するため、天然水やRO水は使う事ができません。浄水のみになります。

 

 

『補給タイプ』がおすすめな方、おすすめではない方

ウォーターサーバーのなかでも特徴の多い補給タイプは、どのような方に向いていて、どのような方に不向きなのかみていきたいと思います。

こんな方におすすめ

  • 大きくて重たいボトル容器は使いたくない方
  • 少しでも安くウォーターサーバーを使いたい方
  • 1人暮らしや赤ちゃんがいる世帯など小人数で使いたい方
  • 天然水やRO水にはこだわらず、浄水で十分だと考えている方
  • サーバー本体を家の中で移動することを考えている方

冷水や温水がいつでも使えるという、ウォーターサーバーとしての基本機能は共通でありながら、ボトル交換の手間がなく、月額定額の安い利用料金で使うことができるのが『補給タイプ』の特徴です。

 

逆に、補給タイプのウォーターサーバーがおすすめできない方は次のような方です。

おすすめできない方

  • 天然水やRO水にこだわりたい方
  • 手作業で水道水を給水する手間が面倒に思う方
  • 給水の際の衛生面が気になる方
  • 多くの種類からウォーターサーバーを選びたい方

重たいボトル容器の交換や設置工事が不要な分、手作業で水道水を補給する仕様の補給タイプは、用途によっては不向きの場合もあります。

ウォーターサーバーをどのように活用したいのか、下の図解で確認してみてください。

タイプ別の用途

 

『補給タイプ』のおすすめはこの一台!

補給タイプのウォーターサーバーでおすすめしたいのは、『エブリィフレシャスmini』となります。

おすすめの理由はつぎの4つです。

  1. 月額利用料金は3機種ともほぼ同等ながらズバ抜けた機能性
  2. 1人暮らし、赤ちゃんのいるご家庭、シニア世代の方にぴったりのサイズ感、機能性、お手軽さ
  3. 軽量コンパクトでどこにでも気軽に置いておける本体
  4. 安心・安全な浄水性能

 

補給タイプおすすめの一台

おすすめ!

エブリィフレシャスの画像

エブリィフレシャス・mini
月額定額(税込) 3,300円
電気代目安 410円
冷水温度 / 冷水タンク 5℃ / 0.8ℓ
温水温度 / 温水タンク 85℃ /0.9ℓ
サイズ 巾25×奥30×高47cm・8kg
  • キッチンだけではなく、リビングや一人暮らしのお部屋にも置けるコンパクトな一台
  • つぎ足しOK!浄化されるまでの待ち時間が不要、だからいつでもたっぷり使える
  • 除去物質数『13+3』でいつでもクリーンなお水・さらにUV殺菌機能も搭載
  • 女性や赤ちゃんにも優しい70℃設定
エブリィフレシャスの画像 色々なお部屋に持ち出せるコンパクトでおしゃれなポット型サーバー!

キッチンカウンターに置いてお料理に。リビングに置いてくつろぎのドリンクに。寝室に置いて健康維持に。一人暮らしのお部屋で、赤ちゃんのそばで、軽量コンパクトだから、いつでもどんな場所でも手軽に活用することができます。

サーバー内部はいつでも清潔!

UV-LEDを搭載。自動で照射することでメンテナンス不要でいつでも清潔。クリーニング中も給水・注水ができます。
『ぼこぼこ』っと空気の入る仕様のサーバーは、部屋の雑菌やたばこの煙などの外気が入り汚れの原因に。本機は給水時に外気を取り込まないデュアル設計になっているので常に清潔を保ちます。

エブリィフレシャスの画像 細かく節電。電気代最大60%カット!

『夏場は冷水を、冬場は温水を多く使いたい。』本機では冷水・温水を別々にecoコントロールすることで、季節や使用用途に合わせた温度調整ができます。
また光センサーにより、寝ている時間は節電に。明るくなると10~15分で通常温度に。

 

補給タイプ:ハミングウォーター

ハミングウォーターの画像
ハミングウォーター
月額定額(税込) 3,300円
電気代目安 475円
冷水温度 / 冷水タンク 6℃ / 1.5ℓ
温水温度 / 温水タンク 90℃ /1.3ℓ
サイズ 巾26×奥37×高120cm・20kg

 

補給タイプ:Locca

Loccaの画像
Locca
月額定額(税込) 3,146円
電気代目安 616円
冷水温度 / 冷水タンク 5℃ / 2.0ℓ
温水温度 / 温水タンク 90℃ /1.9ℓ
サイズ 巾30×奥32×高119cm・18kg

 

補給タイプ3機種の比較

補給タイプのウォーターサーバーを活かすシーンって意外と難しいように思います。
ボトルタイプの容器交換が無くなる代わりに手作業で水を補給する必要があるので、別の手間がかかります。
本当に給水の手間を無くしたい場合は、『直結タイプ』がおすすめです。

関連記事:ウォーターサーバーの選び方④:直結タイプの比較とランキング

給水の比較表

 

では、補給タイプのウォーターサーバーはどのような場面で活かせるんでしょうか。

冒頭でこのように記載しました。

こんな方におすすめ

  • 大きくて重たいボトル容器は使いたくない方
  • 少しでも安くウォーターサーバーを使いたい方
  • 1人暮らしや赤ちゃんがいる世帯など小人数で使いたい方
  • 天然水やRO水にはこだわらず、浄水で十分だと考えている方
  • サーバー本体を家の中で移動することを考えている方

 

この条件のすべてに当てはまる機種が、エブリィフレシャスminiになります。

必要な場所に必要な時に置いておけるサイズ感。

このポイントが補給タイプのウォーターサーバーの最大のメリットだと言えます。

 

『補給タイプ』ウォーターサーバーのまとめ

今回は、ウォーターサーバーの3つある給水方式のなかで、もっとも取扱い機種の少ない『補給タイプ』についてご紹介してきました。

補給タイプを活かせるシーンとしてはつぎの3つが考えられます。

  1. 1人暮らしの方
  2. シニア世代の方
  3. 赤ちゃんのいる家庭

 

小人数で使う際には、利用したい場所で利用したい時にいつでも利用できる手軽さが必要になります。

手軽ということは、できるだけコンパクトな本体である必要があります。

補給タイプのメリットである

  1. ボトル容器は使わない
  2. 安い料金で利用できる
  3. 使うシーンに合わせて家の中で移動ができる

 

これらを全て満たす機種はエブリィフレシャスminiのみとなります。

給水の比較表

>>エブリィフレシャスmini 詳細・お申込みはこちら

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。
ぜひ、後悔のないウォーターサーバー選びの参考にしていただければ嬉しいです。

 

 

 

 

 

 

 

Translate »