■ウォーターサーバー 基礎知識

【あまり語られない】ウォーターサーバー5つのデメリット

ウォーターサーバーを契約しようか迷ってるんだけど、デメリットってどんなことがあるんだろう。
良いことばっかり紹介されているけど、悪い所も教えてほしいなぁ。
どんなに便利なものにもイマイチな部分は必ずあるよね。
今回はウォーターサーバーのデメリットを中心に回避策や対策案も含めて紹介するね。

 

毎年10%前後の勢いで一般家庭に普及しているウォーターサーバー。

健康的に水分がとれたり、手軽にお茶やコーヒーが飲めたり、気軽に料理に使えたりと、家に一台あると便利過ぎて手放せなくなります。

 

そんな頼りになるウォーターサーバーですが、これから検討しようとする方にとって

『本当にわが家に必要なのかよくわからない。興味はあるんだけど・・』

『契約したいけど、絶対に後悔はしたくない!』

『後から気付いて妥協しながら使いたくない。』

 

このような意見は少なくありません。

導入する前に、メリットだけではなくデメリットも知っておくことで、後悔や妥協することなく便利に使っていく事ができます。

 

今回はウォーターサーバーのデメリットを中心に、その回避策や対策案を交えながらご案内していきます。

 

ウォーターサーバーのデメリット

ウォーターサーバーのメリットはなんとなくわかっていても、実際に使った場合のデメリットをキチンと理解することは難しいですよね。

メリットだけではなく、デメリットも知ったうえで導入を決めることが大切です。

それではさっそく、ウォーターサーバーのデメリットを見ていきましょう。

  • 設置場所 が必要
  • コスト が高い
  • 水交換 がたいへん
  • デザイン がイマイチ
  • メンテナンス が面倒

 

デメリット❶:設置場所

ウォーターサーバーの画像

数年前と比べるとスリムでコンパクトな機種が増えてきたウォーターサーバーですが、そうは言っても大型の家電製品なので、ある程度の設置場所は必要になります。

また、本体だけではなくボトル容器の保管場所も必要です。

 

本体の置き場所

下の図はウォーターサーバーを上から見たときの巾と奥行きを表したものです。

現時点で導入が可能な74機種を比べた平均サイズは、巾29cm×奥行36cmです。

ご覧の通り、小さいものではA4サイズの用紙と同じくらい、平均的なサイズはA3サイズより小さいことがわかります。

ウォーターサーバーを設置するうえで、背面と両脇を少しだけ空けておく必要があります。一般的には、

  • 背面の壁から5cm~10㎝程度
  • 両脇は5cm~10㎝程度

空間を空ける理由は、空気の通りを良くして冷却や温めの効率を良くするためです。

 

設置スペース

それほど広い場所は必要ないとは言え、家の中の限られたスペースで、ウォーターサーバーを設置するためには50cm四方程度の場所を確保する必要があります。一度、A4サイズのコピー用紙やプリント用紙を床に置いて検討してみてください。

 

ボトルの保管

一般的なウォーターサーバーは『ボトルタイプ』といって、水の入ったボトル容器を本体にセットして使うタイプが主流となります。

ウォーターサーバーの画像

ウォーターサーバー基礎知識:知らないと後悔する3つの給水方式

そのボトルタイプに使用するボトル容器の多くは12リットル入り(重さ12kg)となり、1箱にボトルが2個入った状態で送られてきます。

ウォーターサーバーの画像

箱に入った状態であれば積み重ねて保管しておくことはできますが、そうは言っても1箱のサイズは長い部分で60cm近くもあります。保管場所の確保は必要になります。

ウォーターサーバーの画像

 

設置場所に困った場合の回避策と対策案

ウォーターサーバーの置き場所に制約がある場合はつぎの2つの選択肢を検討してみてください。

  • スリムでコンパクトな機種を検討する
  • 卓上の機種を検討する

 

:スリムでコンパクトなウォーターサーバー

スリムタイプのウォーターサーバーの代表的な機種はつぎの3機種です。

  • フレシャス・デュオ
  • クリクラ・Fit
  • プレミアムウォーター・amadanaⅢ
フレシャス・デュオ クリクラ・フィット プレミアムウォーター
amadanaⅢ
イメージ フレシャスデュオの画像 クリクラの画像 プレミアムウォーターの画像
巾×奥行 25×30cm 25×38cm 27×33cm
公式HP >>フレシャスデュオ >>クリクラ >>プレミアムウォーター

74機種を比較すると平均の横巾サイズは29cmでした。比較した74機種のなかで41機種は平均を下回る29cm以下の本体でした。なので、スリムなサイズを意識して探せば希望の機種がみつかる可能性は高いはずです。

 

:卓上型のウォーターサーバー

ウォーターサーバーの置き場所に制約がある場合は、卓上型も視野に入れて検討してみてください。
卓上型はその名の通り、テーブルの上やカウンター台などに手軽に置いておくことができる小型のウォーターサーバーです。
コンパクトな卓上型で代表的な機種はつぎの3つです。

  • フレシャス・デュオmini
  • エブリィフレシャス
  • クリクラ・省エネ卓上
フレシャス・デュオmini エブリィフレシャス・mini クリクラ・省エネ・卓上
イメージ エブリィフレシャスの画像 クリクラの画像
巾×奥行 25×30cm 25×30cm 27×45cm
公式HP >>フレシャスデュオ >>エブリィフレシャス >>クリクラ

比較した74機種のなかで、卓上型をラインナップしているウォーターサーバーは25機種ありました。比較検討するには十分な数が揃っているといえます。

 

デメリット❷:コスト

単純にお財布のことだけを考えると、ウォーターサーバーは割高なのは事実です。下の図は、ボトル容器を利用するタイプ61台の平均コストを算出したものです。

ウォーターサーバーコストグラフ

ひと月に24リットルの水を利用した場合の平均月額料金は4,767円となりました。

この金額は、水代だけではなく、電気代やレンタル(サービス)代も含めたトータルの金額です。

ウォーターサーバーの画像
  • 397円/2ℓあたり
  • 99円/500mlあたり
ウォーターサーバーの画像
  • 100円~180円/2ℓあたり
ウォーターサーバーの画像
  • 100円/500mlあたり

コンビニで販売されている500mlペットボトルと同等のコストだということがわかります。

とは言え、価格破壊のすすむ2リットルペットボトルと比べるとウォーターサーバーのコストの高さが際立って見えます。

重たい水を定期的に購入し持ち帰る手間と必要な時に安全でおいしい冷水や温水が使えるメリットを考えて慎重に検討してみてください。

 

コスパが悪いと感じた場合の回避策と対策案

ウォーターサーバーのコストが気になる場合には次の2つの選択肢を検討してみてください。

  • コスパの高いRO水のウォーターサーバーを検討する
  • 月額定額制の浄水型サーバーを検討する

 

:コスパの高いウォーターサーバー

ボトルタイプのウォーターサーバーでは天然水とRO(アールオー)水の2種類の水を選択することができます。天然水は国の指定地域の水源から地下水をくみ上げるなど、手間ひまかかる分割高となります。RO水は原水は問わず、強力な浸透膜(RO膜)によりろ過されたピュアウォーターとなり比較的安価です。

ウォーターサーバー基礎知識:選べる水は3種類

コスパの高いウォーターサーバーを3種類厳選しました。

  • アルピナウォーター(RO水)
  • クリクラ・省エネ(RO水)
  • 信濃湧水(天然水をROろ過)
アルピナウォーター クリクラ・省エネ 信濃湧水
イメージ アルピナウォーターの画像 クリクラの画像 信濃湧水
24ℓあたり月額 3,877円 4,136円 4,211円
公式HP >>アルピナウォーター >>クリクラ >>信濃湧水

不純物の一切含まれないピュアウォーターであるRO水を選択すると、月額料金をグンと抑えることができます。

 

:浄水タイプのウォーターサーバー

ウォーターサーバーの主流はボトル容器を利用するタイプとなり、お水を使う分だけ購入することになります。対して、ボトル容器を使わない『浄水型ウォーターサーバー』は、家庭の水道水を使うため、利用料金は月額定額となり、いくら水を使っても追加の費用がかかりません。

ウォーターサーバーのグラフ

ボトルタイプとの一番大きな違いは、天然水やRO水を使わずに浄水のみになる点です。

ウォーターサーバー基礎知識:知らないと後悔!3つのタイプ

  • らくみず
  • エブリィフレシャスmini
  • ウォータースタンド
らくみず・標準タイプ エブリィフレシャス・mini ウォータースタンド・ネオ
イメージ 楽水の画像 エブリィフレシャスの画像 ウォータースタンド
月額定額 3,278円 3,300円 3,850円
公式HP >>楽水ウォーターサーバー >>エブリィフレシャス >>ウォータースタンド

 

デメリット❸:水交換

ウォーターサーバーの主流であるボトルタイプは12リットル入りのボトル容器をサーバーの上にセットするものが大多数です。

ウォーターサーバー

ほとんどの上乗せタイプは床から1mほどの高さにボトルを乗せることになります。12リットル容器だと重さは12kg。女性やシニアの方だけではなく、男性にとってもラクな作業ではありません。

ウォーターサーバー

水交換がネックとなり、ウォーターサーバーの導入をちゅうちょする方も少なくありません。

 

水交換が手間だと感じた場合の回避策と対策案

水交換が手間だと感じた場合は次の3つを検討してみてください。

  • 足置きタイプやパック容器タイプを検討する
  • 浄水タイプのウォーターサーバーを検討する
  • 無料お試しを利用して実際に確かめてみる

 

:足置きタイプやパック容器タイプを検討する

ウォーターサーバー

ここ数年でボトル容器を足元に内蔵する『足置きタイプ』や小容量パック容器を利用する『パック容器タイプ』が増えてきました。代表的なブランドはつぎの4つです。

  • フレシャス(デュオ/デュオmini)
  • プレミアムウォーター(cado)
  • アクアクララ(ウィズ)
  • コスモウォーター(smartプラス)
フレシャス・スラット フレシャス・デュオ プレミアウムウォーター
cado
アクアクララ・ウィズ コスモウォーター
イメージ フレシャスの画像 フレシャスデュオの画像 プレミアムウォーターの画像 アクアクララの画像 コスモウォーターの画像
容器タイプ ボトル容器 パック容器 ボトル容器 ボトル容器 ボトル容器
容器の位置 足元内蔵 本体上部 足元内蔵 足元内蔵 足元内蔵
公式HP >>フレシャススラット >>フレシャスデュオ >>プレミアムウォーター >>アクアクララ >>【コスモウォーター】

ボトル足置きタイプやパックタイプを選ぶことで、水交換の手間はグンとラクになります。ぜひ検討してみてください。

 

:浄水型のウォーターサーバーを検討する

浄水型のウォーターサーバーは水道水を利用するタイプになります。そのためボトル交換を行う必要がありません。
浄水型のウォーターサーバーには2種類あります。

  • 水道直結タイプ:水道管とサーバー本体を給水管でつなぐ
  • 水道水補充タイプ:手作業で水道水を補給する

ウォーターサーバー基礎知識:知らないと後悔!3つの給水タイプ

 

浄水型ウォーターサーバーでおすすめしたい機種はつぎの3つです。

  • らくみず
  • エブリィフレシャスmini
  • ウォータースタンド
らくみず・標準タイプ エブリィフレシャス・mini ウォータースタンド・ネオ
イメージ 楽水の画像 エブリィフレシャスの画像 ウォータースタンド
月額定額 3,278円 3,300円 3,850円
タイプ 水道直結 水道水補充 水道直結
公式HP >>楽水ウォーターサーバー >>エブリィフレシャス >>ウォータースタンド

 

:無料お試しを利用して確かめてみる

3つ目の回避策としておすすめしたいことは、無料お試しを利用して実際に作業を体験してみることです。現在、無料でお試しができる機種は6メーカー、6機種あります。水交換だけではなく、水の違いやデザイン、操作性や作動音などなど。使ってはじめてわかることがいっぱい見えてきます。おすすめです!

無料お試しができる6機種をご紹介!

 

デメリット❹:デザイン

今でもクリニックやサロンなどに行くと、ボトルが露出した伝統的なスタイルのウォーターサーバーを見かけることが多くあります。いかにもウォーターサーバーといったスタイルは女性を中心に敬遠する方が多いのも事実です。

ウォーターサーバー

このような伝統的なスタイルのウォーターサーバーは次の点でメリットが大きく、まだまだ人気は衰えてはいません。

人気の理由

  1. ボトルが露出しているので残量が一目でわかる
  2. コストが安い

その反面、インテリアにこだわりのある方には見た目で、女性やシニアの方には水交換にしにくさで、水にこだわりのある方には選択肢の狭さで敬遠されることが増えています。

 

デザインがイマイチだと感じた場合の回避策と対策案

ここ数年で、デザイン性や機能性を重視したウォーターサーバーのラインナップがどんどん増えています。

ウォーターサーバー

伝統的なスタイル

  • ウォーターサーバーらしい伝統的なスタイル
  • 水の残量が一目でわかる反面、デザイン性に乏しく感じる方も多い
ウォーターサーバー

複雑なデザイン

  • 派手で複雑な形状は好みが大きく分かれる
  • 置く場所にぴったりはまる形状や色が見つかれば満足感は高まりそう
ウォーターサーバー

シンプルなデザイン

  • シンプルでさり気ないデザインは物足りなさを感じる一方でどんな空間にも合いやすい特徴がある
  • 長い期間飽きずに使うには最適

ウォーターサーバーを導入してから後悔することのひとつに、インテリアに合わなかったという意見が少なくありません。迷って決められないようであれば、よりシンプルなデザインに決めることをおすすめします。

 

デメリット❺:メンテナンス

ウォーターサーバーを使ううえで、日常的にメンテナンスをする部分は多くはありません。

一週間に一度か水交換の際におこなった方が良いメンテとしては、つぎの3つです。

  1. 注水口を拭く(除菌シートで拭ければベスト)
  2. ボトル容器の差し込み口を拭く(除菌シートで拭ければベスト)
  3. 本体全体をサッと埃を拭き取る

この程度はどの家電製品でも似たようなものと思います。ウォーターサーバーだから特別にメンテナンスを行うことは特にありません。

 

ところが、機種によっては本体内部の洗浄や定期メンテナンスが必要になるケースがあります。とくに、リターナブルボトルと言って回収しリサイクルする容器を使う機種は注意が必要です。

ボトル容器の種類

↓ タブを切り替えて表示できます ↓

アクアクララの画像

回収+リサイクル可能な環境に優しい容器

  • ◯:リサイクル容器のためゴミを減らすことができる
  • ◯:12ℓ超の大容量サイズもある(メーカーによって)
  • ✖️:水がなくなっても容器の形状は同じなので保管場所が必要
  • ✖️:水を使うたびに容器内に空気が入る
プレミアムウォーターの画像

使い捨てのため使用後はコンパクトに処分が可能

  • ◯:水が減ると容器がつぶれコンパクトにまとめられる
  • ◯:容器内に空気が入らず衛生的
  • ◯:使用後はつぶれた状態で資源ごみに出せるため保管場所に困らない
  • ✖️:最大12ℓまでとなり大容量は無い
  • ✖️:資源ごみとして処分はできるが直接リサイクルはできない
フレシャス画像

小容量&軽量で扱いやすい

  • ◯:コンパクトなので女性やシニアの方でも扱いやすい
  • ◯:使用後は一般ゴミとして処分ができる
  • ✖️:10ℓを超える大きな容量はない
  • ✖️:扱う機種が一部に限られている

リターナブルボトルは、水が減るにつれて外気がボトルの中に入る仕組みになっており、外気と一緒に雑菌が混入する可能性があります。
本体内部にフィルターを取付けて対策しているメーカーもありますが、完全ではないこともあり、取り扱うメーカーほぼ全ては定期的に本体交換または専門業者による定期清掃を行っています。

ここで紹介しているメーカーは全て衛生面に配慮したうえで、定期的な清掃や本体交換などのメンテナンスを行っているので過剰な心配はいりません。

 

メンテナンスがイマイチだと感じた場合の回避策と対策案

もしも外気とともに混入する雑菌が気になる場合、その対策としてはリターナブルボトルのサーバーを選ばないことです。

 

最も安心 そこそこ安心 ちょっと不安
ボトルタイプ ワンウェイボトル/パック容器 リターナブルボトル
衛生機能 熱殺菌機能
代表的なブランド
  • フレシャス
  • コスモウォーター
  • プレミアムウォーター
  • うるのん
  • 富士桜命水
  • クリクラ
  • アクアクララ
  • アルピナウォーター
  • 信濃湧水

 

メンテナンスのいらないウォーターサーバー

現時点でもっとも衛生面に配慮されている機種はフレシャス・スラットです。

理由:

  • ワンウェイボトル容器を使用
  • 5日ごとの熱殺菌(短時間)と30日ごとの熱殺菌(長時間)で内部が常に衛生的
  • 容器容量が9.3ℓと小容量のため、交換サイクルを短縮できる
  • ボトル容器が内蔵のため、汚れがつきにくい構造
  • 注水口が1か所なので利用頻度が高く汚れが付きにくく、掃除もしやすい
  • 本体デザインに凹凸が少なく、スリムでシンプルなデザインのため汚れや埃がつきにくく掃除もしやすい

 

ウォーターサーバーのデメリット|まとめ

今回は、ウォーターサーバーの5つのデメリットを紹介してきました。

  1. 設置場所
  2. コスト
  3. 水交換の手間
  4. デザイン
  5. メンテナンス

 

ウォーターサーバーのメリットはなんとなく理解していても、デメリットについてはあまり情報がありません。

契約した後で後悔したり、妥協して使い続けることにならないために、検討段階でデメリットを知っておくことが大切です。

参考にしてもらえたら嬉しいです。

 

Translate »