■ウォーターサーバー

【ウォーターサーバー】富士山の天然水!フレシャスがおすすめな6つの理由と感想

フレシャスの写真

 

 

富士山の天然水ってなんだか良さそう💛 でも具体的になにが良いんだろう・・

 

美味しくて安全な天然水

おすすめの理由

  • 天然水を使っているウォーターサーバーは全体のたったの30%
  • 貴重な天然水の中でもダントツのパナジウム含有量はじめ豊富なミネラル成分が含まれた富士山の天然水
  • 健康維持や美容、赤ちゃんのミルクづくりやご家族の日常の飲み物に最適なミネラルバランス
  • そんな富士山の天然水を2種類ラインナップしているのが『フレシャス』
  • 省エネ効果が高く、デザイン性も高いウォーターサーバー
  • 一人暮らしの方から大家族まで。赤ちゃんのミルクから毎日の食事やコーヒーまで。冷水からお湯まで全てまかなえる頼りになる1台

 

 

良いことばっかりみたいだけど、デメリットは無いの?
『使い方によって』『使う人によって』デメリットに思えることがいくつかあるよ。順番に説明するね。

 

 

フレシャスシリーズには、『フレシャス富士』『フレシャス朝霧高原』『フレシャス木曽』の3つの種類があります。

このなかで富士山の天然水を使っているのは、『フレシャス富士』と『フレシャス朝霧高原』の2つになります。

今回は富士山の天然水にしぼった内容なので、このふたつをとりあげてすすめていきます。

 

『RO水』と『天然水』の違い

ウォーターサーバーは、『RO水』『天然水』『水道水』の3つに分類され、天然水はそのうちの30%の比率になっています。

RO水と天然水の違い

 

フレシャス公式サイトを見る

 

RO水ってなに?

■RO水とは

RO水というのは、逆浸透性膜(RO膜)というフィルターを用いて作られた水のことです。

水道水や河川の水などの原水をRO膜でろ過することで、水分子以外のほとんどの不純物を取り除くことができます。

『純水』『ピュアウォーター』などと呼ばれることもあり、医療現場でも使われています。

美味しさを感じる成分でもあるミネラル分は含まれない『純水』なので、ミネラル成分は別に添加するものもあります。

 

 

天然水ってなに?

■天然水とは

地下水をくみ上げて沈殿・ろ過・加熱処理など最小限の処理を行った水のことです。

採水地により含まれるミネラル成分が異なり、味わいも異なるのが特徴です。

天然水の多くが料理や飲料に最適な『軟水』に分類されます。

フレシャスの天然水は有益なミネラル成分を取り除かない除去処理をしています。

 

フレシャス公式サイトを見る

 

 

 

ミネラル豊富な富士山の天然水

富士山の天然水ってなにが良いの?

 

豊富なミネラル成分

『フレシャス富士』・『フレシャス朝霧高原』は富士山の天然水を採水して利用しています。

富士山の開発限界線である標高約1,000m地点の地下約270mから採水されるミネラル成分の豊富な地下水です。

採水地より高い標高では開発が制限されているため、とてもきれいな天然水が採水できます。

 

富士山に降った雨や雪解け水は、『新富士火山層』と呼ばれる玄武岩層のフィルターを通りぬけ、『小富士火山層』と呼ばれる水の浸透しにくい層の表面を地下水脈としてゆっくり流れていきます。

地表から沁み込んだ水分は、7層の玄武岩層によって磨き抜かれ、パナジウムをはじめ、『おいしい』と感じる天然ミネラル成分を豊富に含みながら、長い年月をかけて富士山の地下を流れていきます。

その期間は50年とも80年以上とも言われています。

天然ミネラル成分にはナトリウムやマグネシウムなど健康や美容に欠かせない成分がバランスよく含まれています。

 

富士山の天然水

富士山の天然水は、玄武岩層の地層を通りぬけることでパナジウムというミネラル成分を多く含んでおり、その量は八ヶ岳や南アルプスの天然水と比べ数10倍から100倍以上です。

同じ玄武岩層でも、富士山以外の山ではそれほど多くのパナジウムは含まれておらず、富士山だからこその特徴です。

 

フレシャス公式サイトを見る

 

赤ちゃんにも安心

よく『ミネラルウォーターは赤ちゃんのミルクづくりや幼児の飲み水には不向きでは?』と言うことを耳にしますが、この場合のミネラルウォーターは『硬度の高い硬水』をさしています。

硬度とは、をカルシウム分やマグネシウム分をさすものですが、フレシャスが使っている富士山の天然水は硬度24の軟水なので、ミルクづくりにも問題なく利用することができます。

 

富士山の天然水は甘くて口触りの良い軟水です。

くせが少ないため、日本人の味覚にも合いやすく、料理やお茶、コーヒーや紅茶はもちろん、赤ちゃんのミルクや離乳食にも安心して使うことができます。

さらにフレシャス独自の徹底的な管理体制のもと、3時間ごとの水質検査・1か月ごとの放射性物質検査を行うことにより、水道水や市販ペットボトルの水と比べて、発がん性物質が極めて少ない水でもあります。

食品安全マネジメントシステムの国際規格『FFSC22000』認証取得

 

 

機能やデザインに優れたフレシャスサーバー

 

すぐに温水・冷水

温水は80~90度。冷水は5~10ミルク用には70度の温水。

フレシャス公式サイトを見る

 

静穏性でも選ばれるフレシャス

温冷却時のモーター音や給水するポンプの音など、サーバーの音は使ってみてはじめてわかることが多くあります。

いざ自宅に置いたときに『音が気になってリラックスできない』ということがないように、ウォーターサーバーを選ぶときには音が静かかどうかも大事な確認のポイントになります。

 

フレシャスの音の大きさは約25db。図書館に置いても気にならない静かさです。

 

フレシャス公式サイトを見る

 

 

 

電気代ってどれくらいかかるの?

 

フレシャス公式サイトを見る

 

フレシャスの気になる点

 

ノルマがあるのでは?

ノルマは無く、原則定期配送となり、1週ごと~4週ごとの配送周期を選択できます。

旅行や長期出張などで水の使用が少なくなる場合には『スキップ』が可能です。

自動音声通話で簡単に変更可能です。

ただし、2か月連続してサービスを中断する場合は月額1100円(税別)の休止手数料がかかります。

 

フレシャス公式サイトを見る

 

ランニングコストが高いのでは?

500mℓ換算で79~80円となり、天然水の中では平均的な金額になっています。

RO水や水道水のウォーターサーバーと比べると天然水は若干高い傾向にありますが、安心安全でおいしい天然水のメリットを考えて判断するようにしましょう。

 

フレシャス公式サイトを見る

 

一人暮らしや小人数の家庭に適している?

軽量容器のプランがあります。

また、小人数や大人数の家庭にかかわらず、お米を炊いたり、『ローリングストック法』の観点から水の備蓄に利用することも有効活用のひとつになります。

 

フレシャス公式サイトを見る

 

 

 

フレシャスの解約条件について

買取り契約の場合の解約金は不要です。

 

レンタル契約の場合の解約金は、ウォーターサーバーの種類にかかわらず次のようになります。

  • 契約から1年未満16,500円
  • 契約から1~2年未満は9,900円
  • 契約から2年以上は解約金なし

 

 

手続きは、電話かホームページから行います。

0120-800-026

  • 平日   :9時~18時
  • 土日祝日 :9時~17時

 

フレシャス公式サイトを見る

 

 

 

富士山の天然水『フレシャス』のまとめ

ウォーターサーバーといっても凄くたくさんの種類があって、なにを選べば良いのか迷ってしまいます。

種類としては大きく3つに分かれます。

  1. 天然水
  2. RO水
  3. 水道水

この中で、安心安全そして美味しい水を選ぶとしたら『天然水』一択となります。

RO水はミネラルを含む水以外の成分をRO膜でろ過した『純水』であり、必要に応じてミネラル分を添加しているものが多くあります。

 

ウォーターサーバー全体の中で天然水は30%ほどしかありません。

天然水といっても、採水地によって含まれている成分や味わいは違ってきます。

中でも美容や健康に良いとされているパナジウムの含有量がダントツに多く含まれているのが富士山の天然水です。

富士山に降り積もった雨や雪が、富士山の地下にある水脈を7層もの玄武岩のフィルターを通ることでろ過され、ミネラル成分をバランスよく含み、数10年かけて作り上げられた天然水です。

フレシャスでは、『フレシャス富士』と『フレシャス朝霧高原』の2種類が富士山の天然水としてラインナップされています。

富士山から採れる天然水でも、採水する場所がちがうと含まれる成分もまた違ってきます。

貴重な富士山の天然水を2種類から選ぶことができるのもフレシャスの大きな魅力です。

 

フレシャス公式サイトを見る

 

 

関連記事:

【絶対に後悔しないウォーターサーバー選び!その1】

【絶対に後悔しないウォーターサーバー選び!その2】

【絶対に後悔しないウォーターサーバー選び!その3】

【絶対に後悔しないウォーターサーバー選び!その4】

【絶対に後悔しないウォーターサーバー選び!その5】

【絶対に後悔しないウォーターサーバー選び!その6】

【絶対に後悔しないウォーターサーバー選び!その7】

 

 

 

Translate »