■ウォーターサーバー 比較ランキング

【絶対に後悔しないウォーターサーバー選び!No.8】定額使い放題のウォーターサーバー6機種を徹底比較

ウォーターサーバーの天然水

 

定額制のウォーターサーバーってあるみたいだけど、実際どうなんだろう・・
・フツーのウォーターサーバーとは何が違うの?

・費用はホントに安いの?

・ナニか制約があるのかなぁ?

定額制のウォーターサーバーは少数派だけど、使い方によっては圧倒的にコスパが高いウォーターサーバーなんだよ。

 

 

はじめに結論です。

毎月の支払い金額だけを比べると、今回ご紹介する『定額制のウォーターサーバー』はダントツにコスパが高いサーバーです。

でもただ単に安いだけではなく、理由もいくつかあります。

一般的なウォーターサーバーとは何が違って、こんなにも毎月の支払いが安いのかを順番にご紹介しますね。

 

 

定額ウォーターサーバーの利用比較表

グラフを拡大する

 

定額使い放題のウォーターサーバーとは

定額使い放題のウォーターサーバーの説明をする前に、ウォーターサーバーの基本的な知識についてざっくりとおさらいしたいと思います。

 

ウォーターサーバーの3つのタイプ

ウォーターサーバーは、給水方式によって3つのタイプに分かれます。

  1. ボトルタイプ  (18社):ボトルの交換が必要
  2. 水道水補給タイプ(  3社):手作業で給水が必要
  3. 水道直結タイプ (  3社):水道管から給水パイプを分岐して自動給水

 

 

さらに、水の種類の選択も異なってきます。

  1. ボトルタイプ  :天然水・純水(RO水・浄水)が選べる
  2. 水道水補給タイプ:浄水のみとなり、天然水やRO水は選べない
  3. 水道直結タイプ :浄水のみとなり、天然水やRO水は選べない(1機種を除く)

 

 

3つのタイプを主な用途に結び付けたものがこちらの図です。

ウォーターサーバーのタイプ別の使用用途図

 

 

最も一般的なタイプは『ボトルタイプ』と呼ばれるサーバーで、定期的に送られてくる水の入ったボトル容器をサーバー本体にセットして使うタイプです。

こちらの記事で比較した際には、24社の中で18社がボトルタイプを扱っていました。

ボトルタイプ以外の『水道水補給タイプ』と『水道直結タイプ』が今回ご紹介する『定額使い放題』のウォーターサーバーとなります。

定額使い放題のウォーターサーバーの用途図

ボトルタイプ以外のサーバーは全部『定額使い放題』ってことなんだね。
『定額使い放題』だと天然水が使えないってことなんだね。
その通り。一番大きな違いと言えるのが『天然水』や『RO水』を積極的に使いたいかどうかなんだよ。ウォーターサーバーの機能としてはほとんど違いは無いんだ。

 

ウォーターサーバーの3つのタイプ

 

 

 

水道水補給タイプ

本体を一か所に固定して設置することができない場合にはこのタイプを選択!

水道水補給タイプは、

ウォーターサーバー本体のタンクに手作業で水を補給して使うタイプです。

本体に取り付けてあるフィルターで水道水をろ過し、『純水』を生成して飲料等に利用します。

水道水補給タイプでは、『純水』のみ選ぶことができます。『天然水』は選べません。

水道水補給タイプの画像

メリット

  • ウォーターサーバー本体を好きな場所に移動して使うことができる
  • 月額定額の使い放題で利用が可能

デメリット

  • 手作業で水道水を補給する必要がある
  • 機種が限られているため選択肢が少ない

 

 

水道直結タイプ

設置したら動かさないのであればこちらのタイプがおすすめ!

水道直結タイプは、

ボトルや手作業での補給ではなく、水道管から直接本体に水道水を引き込んで使うタイプのウォーターサーバーです。

ボトル交換や手作業での水の補給が不要なので、3つのタイプの中では最も手間のかからないウォーターサーバーですが、唯一取付工事を伴う点は注意が必要です。(30分程度の作業)

水道水補給タイプでは、『純水』のみ選ぶことができます。『天然水』は選べません。

水道直結タイプの画像

メリット

  • 給水の手間がいらない(ボトル交換不要・手作業での給水も不要)
  • 月額定額の使い放題で利用が可能
  • 飲料以外にも料理や植物の水やりなどにもたっぷりと使うことができる
  • ボトルタンクは見えない場所に内蔵されているためデザイン性の高い機種が多い

デメリット

  • 本体は固定のため、移動することはできない
  • 設置の際に取り付け工事が必要

 

 

水道水の料金について

国内での水道料金は、使用する地域によっても多少の差はあるものの、おおよそ

  • 1㍑あたり0.24円
  • 100㍑使っても24円ほど

このようになっています。

 

 

『定額使い放題』ウォーターサーバーのまとめ

ウォーターサーバーには3つのタイプがあり、一般的な『ボトルタイプ』以外の『水道水補給タイプ』と『水道直結タイプ』の2つのタイプが定額使い放題で選択することができるウォーターサーバーです。

こちらの比較記事では、ウォーターサーバーを扱う24社の中で6社が該当します。

 

  1. ボトルタイプ  :天然水・RO水が選べる
  2. 水道水補給タイプ:浄水のみ
  3. 水道直結タイプ :浄水のみ(1機種だけはRO水が選択ができます 後ほど)

定額使い放題のウォーターサーバーの用途図

定額使い放題の特徴

  • 定額で浄水した綺麗な水が使い放題
  • いくら使っても費用は同じだから、料理にもたっぷり使えます
  • 小人数なら水道水補給タイプを、大人数なら水道直結から選択できます
  • 本体の移動が必要なら水道水補給タイプを、本体固定で問題なければ水道直結タイプを選択できます
天然水やRO水に特にこだわりが無ければ、定額使い放題でお得なサーバーが選べるんだね。
その通り。サーバー自体の機能には大差が無いからね。次は定額使い放題がどれだけお得かを見ていこうか。

 

 

 

定額ウォーターサーバー 毎月の費用比較

おさらい

  • ボトルタイプ   →定期的にボトルを購入するため使うほど費用がかかります
  • 水道水補給タイプ →定額使い放題なので月額は一定(3機種を選んで比較)
  • 水道直結タイプ  →定額使い放題なので月額は一定(5機種を選んで比較)

今回は下記の8機種の『定額使い放題』機種を選んで比較していきます。

  • 水道水補給タイプから3機種
  • 水道直結タイプから5機種

 

 

こちらの表に記載の金額は、1か月間ウォーターサーバーを使った際の利用料金です。

  • 含まれるもの:水代・レンタル代・メンテナンス代
  • 含まれないもの:電気代・定額の場合の水道代(100㍑使っても24円程度です)

定額ウォーターサーバーの利用比較表

『定額使い放題』のウォーターサーバーと主流である『ボトルタイプ』のウォーターサーバーとを比べました。

『定額使い放題』からは、最安と最高の2機種を。

『ボトルタイプ』からは、最安と最高に加えて比較した18機種の平均的な機種を選んで加えました。

 

ボトルタイプは水の利用料が増えるほど支払い金額も増えていきますが、定額使い放題の場合は当然ながらいくら水を利用しても支払う金額は変わりません。

 

 

ウォーターサーバーの人数別使用水量

こちらの表は、利用するシーン別に整理した利用水量の目安です。

 

定額使い放題のウォーターサーバーがいかにコスパが高いのかお分かりいただけたでしょうか。

水を使えば使うほど、メリットは大きくなっていきます。

 

 

 

定額使い放題のラインナップ

定額使い放題の機種をラインナップしているメーカーは6社・20機種ほど存在します。

その中から8機種を選んでご紹介します。

水道水給水タイプと水道直結タイプを合わせ、月額費用の安い順に並べています。

 

定額機種のラインナップ 主な特徴

Locca

定額制ウォーターサーバー画像

【給水タイプ】

月額費用:3,146円(税込)

月額支払い金額が最も安い機種です

楽水ウォーターサーバー

定額制ウォーターサーバーの画像

【直結タイプ】

月額費用:3,278円(税込)

デザインがシンプルでカラーバリエーションも豊富、2か所にコントローラーが付いて操作もとても便利!

【ハミングウォーター】

定額制ウォーターサーバーの画像

【給水タイプ】

月額費用:3,300円(税込)

給水タイプの中では最もシンプルなデザイン!

AQUA STYLE

定額制ウォーターサーバーの画像

【直結タイプ】

月額費用:3,608円(税込)

スタイリッシュなデザイン!

アクアバンク

定額制ウォーターサーバーの画像

【給水タイプ】

月額費用:4,378円(税込)

 

楽水ウォーターサーバー

定額制ウォーターサーバーの画像

【直結タイプ】

月額費用:4,378円(税込)

定額使い放題の機種の中で唯一『RO水』タイプ!

【キララウォーター】

定額制ウォーターサーバーの画像

【直結タイプ】

月額費用:4,378円(税込)

卓上タイプのバリエーションが豊富!

楽水ウォーターサーバー

定額制ウォーターサーバーの画像

【直結タイプ】

月額費用:5,478円(税込)

大容量タンクの希少なモデル!

 

 

 

定額ウォーターサーバーの比較一覧

定額使い放題のウォーターサーバー、全8機種を比較しました。

赤い枠はおすすめのポイントです。

 

定額ウォーターサーバーの比較表

月額は3,146円から5,478円と開きがありますが、最も高い設定の『楽水(らくみず)大容量』は大型タンクの業務にも使えるタイプになります。

本体サイズは標準タイプと同等であることから、大人数家族のご家庭でも使えるスペックになっています。

 

500m㍑換算の金額はあまり意味はありませんが、ボトルタイプと単純比較をしたいために加えたものです。

1か月間に48㍑の水を利用した場合の換算値です。

こちらの記事でボトルタイプの34機種を比較していますので参考にご覧になってください。

参考:【絶対に後悔しないウォーターサーバー選び!その5】

 

 

 

おすすめの機種

定額使い放題のウォーターサーバー、6メーカー・8機種の中でおすすめしたい機種を厳選しました。

 

1位

楽水ウォーターサーバー

定額制ウォーターサーバーの画像

おすすめポイント:

  • 標準タイプ・RO水タイプ大容量タイプの3タイプをラインナップ
  • 床置き/卓上の2種類から選択可能
  • 黒・白・赤の3色から選択可能
  • 上面/正面の2か所のタッチパネルで操作もらくらく
  • スタイリッシュなデザイン
  • 圧倒的なコスパ!

関連記事はこちら

2位

AQUA STYLE

定額制ウォーターサーバーの画像

おすすめポイント

  • スタイリッシュなデザイン
  • 選べる2色

関連記事はこちら

3位

【ハミングウォーター】

定額制ウォーターサーバーの画像

おすすめポイント

  • スタイリッシュなデザイン
  • コンセントがある場所ならどこにでも移動ができる

おすすめ1位と2位は、『水道直結タイプ』の機種になります。

水道管直結なので、設置後は移動することができませんが、そもそもウォーターサーバーは移動させて使うことは多くはありません。

どうしても移動を視野に検討する場合を除き、『水道直結タイプ』をおすすめします。

理由は次の3つです。

  • 定額費用に差が無い
  • 水道水の給水の手間が無い
  • 本体の機能・デザインに優れた製品が上位機種に多くラインナップされている

 

 

 

まとめ

用途によっては圧倒的なコスパをほこる『定額使い放題』のウォーターサーバーをご紹介してきました。

 

  1. ボトルタイプ  :天然水・RO水が選べる
  2. 水道水補給タイプ:浄水のみ
  3. 水道直結タイプ :浄水のみ(1機種だけはRO水が選択ができます)

定額使い放題のウォーターサーバーの用途図

定額使い放題の特徴

  • 定額で浄水した綺麗な水が使い放題
  • いくら使っても費用は同じだから、料理にもたっぷり使えます
  • 小人数なら水道水補給タイプを大人数なら水道直結から選択できます
  • 本体の移動が必要なら水道水補給タイプを本体固定で問題なければ水道直結タイプを選択できます

 

天然水やRO水にこだわらない場合は、定額使い放題の機種を強くおすすめします。

その中でも、給水の手間が全くかからない『水道直結がイプ』が一押しです。

以上が定額使い放題のウォーターサーバーのご紹介でした。

参考にしていただければ幸いです。

 

 

各社の詳細ページはこちら

定額制ウォーターサーバーの画像 定額制ウォーターサーバーの画像 定額制ウォーターサーバーの画像 定額制ウォーターサーバー画像 定額制ウォーターサーバーの画像 定額制ウォーターサーバーの画像
楽水ウォーターサーバー AQUA STYLE ハミングウォーター Locca アクアバンク キララウォーター

 

関連記事:

【絶対に後悔しないウォーターサーバー選び!No.1】

【絶対に後悔しないウォーターサーバー選び!No.2】

【絶対に後悔しないウォーターサーバー選び!No.3】

【絶対に後悔しないウォーターサーバー選び!No.4】

【絶対に後悔しないウォーターサーバー選び!No.5】

【絶対に後悔しないウォーターサーバー選び!No.6】

【絶対に後悔しないウォーターサーバー選び!No.7】

【絶対に後悔しないウォーターサーバー選び!No.8】 ※今開いている記事

【絶対に後悔しないウォーターサーバー選び!No.9】

 

 

Translate »