■ウォーターサーバー 比較ランキング

【絶対に後悔しないウォーターサーバー選び!No.9】24メーカー・45機種から厳選!9つの用途に合わせたおすすめの機種をご紹介

後悔しないウォーターサーバー選びの画像

使う用途に合った具体的なおすすめの機種が知りたいなぁ・・

 

 

 

用途に合わせたウォーターサーバー選び

数多くあるウォーターサーバーですが、今回は使う用途別におすすめの機種を3機種づつご紹介します。

 

用途別ウォーターサーバー選びの図

 

 

 

24メーカー・45機種のウォーターサーバーから厳選!

ウォーターサーバーを比較するうえで、比較サイトによって金額が異なることがよくあります。

どうやって計算したらその金額になるのかわからない事も珍しくありません。

ウォーターサーバーの性格上、使い方によっても使用金額は変わってきます。

金額の比較については、比較サイトを横断的に比べるのではなく、そのサイト内でのその機種の位置付けを確認する事が勘違いや失敗を防ぐために必要なポイントです。

 

 

スペック表について

今回の用途別おすすめ機種で使用するスペック表についてご案内します。

 

ウォーターサーバースペック表

①月額目安

月額目安は、1か月間に24㍑の水を利用した場合の金額を税込みで記載しています。

水代以外の費用が発生する場合は、その金額も含んでいます。

例えば、レンタル代・◯◯サポート代などです。

各社の公表値をもとに、計算式を統一して算出しています。

ウォーターサーバー各社比較表

 

②500m㍑換算

1か月間に24㍑の水を利用した場合の500m㍑あたりの金額です。

 

③レンタル料

本体レンタル費用やサポート代など、毎月必要な費用がある場合に記載しています。

 

④電気代

公表されている場合に記載しています。

通常モードとエコモードに分かれている場合は、通常モードで記載しています。

 

⑤タイプ

給水方法によって異なる3つのタイプ、『ボトルタイプ』『水道水補給タイプ』『水道直結タイプ』を記載しています。

 

⑥水の種類

『天然水』『RO水』『浄水』の区別になります。

 

⑦ボトル位置

『上乗せ』・・・本体の上部にボトルを乗せるタイプ

『内蔵』・・・・本体の内部、主に下置きでボトルを収納するタイプ

『パック』・・・ボトルを使わずビニールパックを使うタイプ

 

⑧水の容量

ひとつのボトルやパックに入っている水の容量です。

主流は1ボトル=12㍑となります。

 

⑨水の温度

冷水温度、温水温度、調乳用のお湯の温度を表記しています。

 

⑩デザイン

デザインは主観で表記しているものです。

参考程度にご覧になってください。

 

⑪使いやすさ

下記を基準に記載しています。

ウォーターサーバー評価基準

⑫総合評価

スペックやランニングコスト、デザイン性や使う際の手間などを考慮して算出しています。

 

 

 

① 1人暮らしや2人暮らしの小人数で使いたい

1人暮らしや2人暮らしなどの小人数でウォーターサーバーを利用する場合は、小容量ボトルサイズが使えるウォーターサーバーがおすすめです。

ウォーターサーバーのボトルというと、ひとつが12㍑(12kg)のボトルタンクが主流となっていますが、小人数で使うことを考えると、重さの問題と同時に定期的にその量を使い切ることができるのかも検討していく必要があります。

ここでは、少容量・コンパクト・デザイン性を重視した機種を3つ厳選しました。

 

フレシャス・デュオ

小人数で使いたいおすすめ <第1位>

ウォーターサーバーフレシャスデュオの画像 ウォーターサーバーランキングスペック

もっと詳しく

フレシャス デュオ おすすめのポイント

  1. 軽量7.2㍑パックの使い捨て容器
  2. おしゃれなデザイン&5色のカラー
  3. 多機能&省エネ設計

フレシャス各シリーズは、大きくて重たいボトルタンクは使わず、少容量のパック方式を採用しています。

軽量コンパクト、そして処分も楽なのが特徴です。

デザインも一見ウォーターサーバーとは思えないコンパクトで洗練されたデザインで、お部屋のインテリアとしても置いておきたくなる本体デザインになっています。

お子様やご年配の方にも安心安全なセイフティ機能はもちろんのこと、フレシャスのウォーターサーバーには『調乳70℃保温』の機能が付いているので、赤ちゃんのミルクづくりにも最適な機種になっています。

キャンペーン情報

 

 

アクアクララ・ファブ

小人数で使いたいおすすめ <第2位>

ウォーターサーバーアクアファブの画像 ウォーターサーバーランキングスペック

もっと詳しく

アクアクララ ファブ おすすめのポイント

  1. 12㍑の通常ボトルの他に小容量7㍑のボトルが選べる
  2. インテリアの邪魔をしないシンプルなデザイン
  3. ボトルの配送・設置、本体のメンテナンスを含んだ『あんしんサポート』

ひとつの本体で、12㍑の通常ボトルと7㍑の小容量ボトルのどちらも選べるのがアクアクララの大きな特徴です。

水の利用が多い時期には大容量を、あまり使わない時には小容量を・・と、自由に選べるのは他のウォーターサーバーには無いメリットです。

アクアファブは、ボトルタンクが見えないように本体の中に綺麗に収まっているので、インテリアの邪魔をすることなくすっきりと設置することができます。

上記の表にある『レンタル料』はアクアクララの場合は、『あんしんサポート料』となり、毎回のボトルの配達・設置・本体のメンテナンス・故障対応等のサービスが含まれています。

この充実したサービスもアクアクララの大きな特徴です。

お得なキャンペーン情報

 

 

クリクラ・Fit

小人数で使いたいおすすめ <第3位>

ウォーターサーバークリクラの画像 ウォーターサーバーランキングスペック

もっと詳しく

クリクラ Fit おすすめのポイント

  1. 少容量6㍑のボトルタンク
  2. スリムな本体
  3. 使ってうれしい『3つのFit』

クリクラのウォーターサーバーは6㍑の小容量タイプが選べます。

また、本体サイズも巾24.5mと、床置き式のウォーターサーバーの中では最もスリムなデザインになっています。

お湯の温度も、多くのウォーターサーバーが85℃前後のところ、クリクラFitは『再加熱機能』で90℃まで温められます。

使ってうれしい『3つのFit』

  • どんなスペースにもFit:業界最薄、巾24.5cm
  • 忙しいママにFit:最短30秒で90℃以上に再加熱
  • お料理にFit:4Way水受けトレイでお鍋などの利用がラクラク

お得なキャンペーン情報

 

 

 

 

② 大家族や大人数で使いたい/③料理にもたっぷり使いたい

大人数でウォーターサーバーを使いたい場合は、定額制のウォーターサーバーがダンゼンお得です。

こちらの記事ではコスト比較も行っていますのでご確認いただければ幸いです。

ウォーターサーバー比較使用料

関連:定額使い放題のウォーターサーバー6機種を徹底比較

 

料理にもウォーターサーバーの水を使いたい場合は『水道直結タイプ』がおすすめです。

例えば、4人家族の食卓を考えた場合

  • 鍋料理で使う水:約1.5㍑
  • お味噌汁で使う水:約1㍑
  • 炊飯で使う水:約1㍑

合計で3.5㍑の水を使います。

この量を目安に朝食と夕食で1日に5㍑の水を使うと想定すると、

5㍑ × 30日 = 150㍑

料理だけで必要になる計算です。

 

一般的なウォーターサーバーのボトルがひとつあたり12㍑である事を考えると

ボトル12.5個分必要な計算になります。

また、市販の2㍑のペットボトルにすると75本分

料理以外にも飲料用にも使うことを考えると、水道直結タイプがもっともおすすめです。

1か月3000円~4000円の定額でピュアな純水が使い放題となります。

いくら使っても定額料金以上の金額はかかりません。

 

水道代は使った分だけ必要になりますが、国内の水道料金の平均は 1㍑あたり0.24円程度です。

100㍑使っても24円前後となります。

 

楽水(らくみず)・RO水

大人数で使いたいおすすめ第1位

ウォーターサーバーらくみずの画像 ウォーターサーバーランキングスペック

もっと詳しく

楽水(らくみず)RO水 おすすめのポイント

  1. 定額制なのでいくら使っても月額4,378円(税込)
  2. 定額制では唯一の『RO水』が使える機種
  3. 床置き式と卓上式、カラーも3色から選べる豊富なラインナップ

圧倒的なコストパフォーマンスを誇る『定額使い放題』のウォーターサーバーですが、その仕様上 浄水を使う機種がほぼ全てでした。

そこに登場したのがこちら、楽水(らくみず)RO水ウォーターサーバーです。

定額制では唯一の機種となり、月額4,378円でRO水がいくらでも利用できる機種は他にはありません。

ラインナップも充実していて、床置き式と卓上式、そしてカラーも白・黒・赤の3色から選ぶことができることも魅力です。

コントローラーは上部と正面の2か所に配置されたタッチパネル式になります。

安全設計やメンテナンス機構など、機能も充実しているのが楽水のウォーターサーバーの特徴です。

お得なキャンペーン情報

 

 

アクアスタイル(水道直結)

大人数で使いたいおすすめ第2位

ウォーターサーバーアクアスタイルの画像 ウォーターサーバーランキングスペック

もっと詳しく

アクアスタイル おすすめのポイント

  1. 定額制なのでいくら使っても月額3,608円(税込)
  2. ボトル交換や水道水の補給の手間の要らない『水道直結タイプ』
  3. インテリアの邪魔をしないシンプルなデザイン

水道直結タイプのアクアスタイル ウォーターサーバーは、ボトルの交換や水道水の補給の手間が一切かからないウォーターサーバーです。

本体内部に取り付けられた2種類のフィルターを通して水道水をろ過し、美味しい浄水を利用することができます。

関連記事:定額使い放題!アクアスタイル。圧倒的なコストパフォーマンスを実感!!

 

 

楽水(らくみず)・大容量

大人数で使いたいおすすめ第3位

定額制ウォーターサーバーの画像 ウォーターサーバーランキングスペック

もっと詳しく

楽水(らくみず)大容量 おすすめのポイント

  1. 大容量!冷水10㍑、温水6㍑
  2. 定額制なのでいくら使っても月額5,478円(税込)
  3. 大容量サイズなのに本体サイズはスタンダードと全く同じくコンパクト

楽水(らくみず)スタンダードタイプの冷水タンクが3㍑なのに対して、大容量タイプは冷水10㍑。温水はスタンダードが1.6㍑に対して6㍑と、3倍以上のタンク容量があっても本体はスタンダードと同じ、そして電気代も同じと驚異的なスペックを誇っています。

お得なキャンペーン情報

 

 

 

④ 天然水にこだわりたい

天然水にこだわる場合は、『ボトルタイプ』一択となります。

天然水にはミネラル成分が含まれています。

ミネラル成分は美味しさの要素となる成分であるばかりではなく、美容や健康にも良い成分です。

採水される地域によって含まれるミネラル成分に違いがあるのも特徴です。

代表的な採水地

  • 富士山周辺
  • 木曽
  • 南アルプス
  • 信州信濃
  • 阿蘇周辺
  • 日田
  • 沖縄海洋深水

国内で採水される天然水は、そのほとんどが『軟水』と呼ばれる『柔らかな口触り』の水質で、そのまま飲むのはもちろんですが、料理にもとてもよく合うことが知られています。

契約するウォーターサーバーのメーカーによって採水地は異なりますので、どの採水地の天然水を希望するかでウォーターサーバーを選ぶ事も楽しみになります。

 

 

フレシャス・Slat

天然水にこだわりたいおすすめ第1位

ウォーターサーバーフレシャスデュオの画像 ウォーターサーバーランキングスペック

もっと詳しく

フレシャス スラット おすすめのポイント

  1. 富士山の開発限界線である標高約1,000m地点の地下から採水されたミネラル豊富な天然水を使っている
  2. 軽量で交換の手間が少ないパック式を採用
  3. インテリアに溶け込む洗練されたデザイン

天然水を採用しているウォーターサーバーはいくつもあるなか、具体的な採水地を公表しているメーカーは多くはりません。

フレシャスの富士天然水は、富士吉田と朝霧高原の2か所の採水地から選ぶことができます。

富士以外にも木曽(長野県)の天然水も選択でき、含まれるミネラル成分の違いから、味の違う天然水を楽しむことができます。

軽量で交換もラクなパック式もフレシャスシリーズならではの仕様で、女性やご年配の方でも簡単に取り換える事ができることも人気の秘訣です。

お得なキャンペーン情報

 

 

コスモウォーター・Smartプラス

天然水にこだわりたいおすすめ第2位

ウォーターサーバーコスモウォーターの画像 ウォーターサーバーランキングスペック

もっと詳しく

コスモウォーター Smartプラス おすすめのポイント

  1. 採水地直送&48時間出荷の天然水
  2. インテリアに合わせて選べる5色のラインナップ
  3. らくらく足元交換

お得なキャンペーン情報

 

 

プレミアムウォーター・スリムサーバーⅢ

天然水にこだわりたいおすすめ第3位

ウォーターサーバープレミアムウォーターの画像 ウォーターサーバーランキングスペック

もっと詳しく

プレミアムウォーター スリムサーバーⅢ おすすめのポイント

  1. 児島家のCMでおなじみ、ウォーターサーバーシャア№1ブランド
  2. 選べる6つの天然水
  3. 乗り換えキャッシュバック

お得なキャンペーン情報

 

 

 

⑤ 純水にこだわりたい

純水にこだわる場合は、『ボトルタイプ』『水道水補給タイプ』『水道直結タイプ』全てのタイプから選択することができます。

RO水ともいわれる純水は、別の呼び方で『ピュアウォーター』ともいわれることがあります。

ろ過で使われるRO膜フィルターは、海水を真水にできるほどの高機能なフィルターで、水道水に含まれるカルキや雑菌、カビなどを極限まで除去することができます。

クリーンな反面、美味しさの成分であるミネラル成分除去されることから、ウォーターサーバーのメーカーによっては、ろ過後にミネラル成分を添加するケースもあります。

ウォーターサーバーによっては、ミネラル成分は残してろ過する製品もあります。

 

 

アルピナ・スタンダード

純水にこだわりたいおすすめ第1位

ウォーターサーバーアルピナの画像 ウォーターサーバーランキングスペック

もっと詳しく

アルピナ スタンダード おすすめのポイント

  1. 天然水を原水としたRO水
  2. 12㍑あたり1,134円(税込)と低価格

お得なキャンペーン情報

 

 

アクアクララ・スリム

純水にこだわりたいおすすめおすすめ第2位

ウォーターサーバーアクアクララの画像 ウォーターサーバーランキングスペック

もっと詳しく

アクアクララ アクアスリム おすすめのポイント

  1. 12㍑のボトルに加えて7㍑のスリムボトルも選べる
  2. 充実のサービス『安心サポートプラン』

お得なキャンペーン情報

 

 

フレール

純水にこだわりたいおすすめおすすめ第3位

ウォーターサーバーフレールの画像 ウォーターサーバーランキングスペック

もっと詳しく

フレール おすすめのポイント

  1. 天然水を原水としたRO水を採用
  2. 小容量6.2㍑のエコパックを採用

お得なキャンペーン情報

 

 

 

⑥ 移動することもある

ウォーターサーバーの置き場所を移動させたい場合は、『ボトルタイプ』『水道水補給タイプ』をおすすめします。

ウォーターサーバーを移動させるシーンとして

例えば、家の中ではリビングから寝室へ・キッチンから廊下へ・ダイニングから居間へ移動するなどが考えられます。

飲食店や店舗では、来客のある場所からスタッフの休憩場所へ移動するなどが考えられます。

コンセントがある場所であればどこにでも置く事ができるのが特徴です。

ボトルタイプの場合は、多くが12㍑のボトルをセットして使用するので重量はあります。ボトルの交換時に行うなど工夫が必要です。

 

 

フレシャス・デュオmini

移動することもあるおすすめ第1位

ウォーターサーバーの画像 ウォーターサーバーランキングスペック

もっと詳しく

フレシャス デュオmini お勧めのポイント

  1. おしゃれでコンパクトな本体
  2. 小容量パックを使ったらくらく交換

お得なキャンペーン情報

 

 

アクアクララ・スリムS

移動することもあるおすすめ第2位

ウォーターサーバーの画像 ウォーターサーバーランキングスペック

もっと詳しく

アクアクララ アクアスリムS おすすめのポイント

  1. 置き場所を選ばない卓上式ショートタイプ
  2. レギュラー12㍑の他に軽くてらくらくなスリム7㍑が選べる

お得なキャンペーン情報

 

 

アルピナ・スタンダード

移動することもあるおすすめ第3位

ウォーターサーバーアルピナの画像 ウォーターサーバーランキングスペック

もっと詳しく

アルピナ スタンダード おすすめのポイント

  1. 床置き式ボトルタイプの中ではもっともコンパクトな本体
  2. 2年または4年に1度、無償交換

お得なキャンペーン情報

 

 

 

⑦ 非常時に備えて備蓄もしたい

災害時などの非常用に飲料水を備蓄したい場合は『ボトルタイプ』を選びます。

ライフラインが復旧するまでの一週間分を備蓄することがひとつの目安になります。

飲料用+食事用として大人ひとり1日3㍑必要です。

4人家族では1週間分で84㍑、2㍑のペットボトルだと42本必要な計算になります。

多くのウォーターサーバーのボトル容量は12㍑なので、7つのボトルを備蓄することで非常時に備える事ができます。

 

 

ワンウェイウォーター・Smart

非常時に備えて備蓄もしたいおすすめ第1位

ウォーターサーバーの画像 ウォーターサーバーランキングスペック

もっと詳しく

ワンウェイウォーター Smart・RO水 おすすめのポイント

  1. ストックができるボトルタイプで最安クラス
  2. ミネラルを含んだRO水

お得なキャンペーン情報

 

 

クリクラ・Fit

非常時に備えて備蓄もしたいおすすめ第2位

ウォーターサーバークリクラの画像 ウォーターサーバーランキングスペック

もっと詳しく

クリクラ Fit おすすめのポイント

  1. ストックができるボトルタイプの中でコスパの高い一台
  2. スリムな本体

お得なキャンペーン情報

 

 

美味しい水の宅配便

非常時に備えて備蓄もしたいおすすめ第3位

ウォーターサーバーの画像 ウォーターサーバーランキングスペック

もっと詳しく

美味しい水の宅配便 おすすめのポイント

  1. ストックができるボトルタイプの中でコスパの高い一台
  2. ストック用にRO水、普段使いに天然水を選択できる

お得なキャンペーン情報

 

 

 

⑧ コストを優先したい

コストを最優先にする場合は、『水道水補給タイプ』『水道直結タイプ』がおすすめです。

これらは月額定額制(3,000~4,000円/月)となっており、いくら水を使っても水道料金以外の費用が追加でかかることはありません。

水道料金は1㍑あたり0.24円前後。100㍑使っても24円ほどになります。

RO水をろ過するために必要なフィルターは年間で1~2回。

交換時期には無料で定期的に送り込まれてきます。費用がかかることはありません。

天然水を選ぶことはできませんが、コストパフォーマンスの高いウォーターサーバーとなります。

 

 

楽水(らくみず)・標準

コストを優先したいおすすめ第1位

ウォーターサーバーらくみずの画像 ウォーターサーバーランキングスペック

もっと詳しく

楽水(らくみず)おすすめのポイント

  1. 定額使い放題でコスパがバツグン
  2. 床置き式・卓上式、黒・白・赤と豊富なラインナップ

お得なキャンペーン情報

 

 

アクアスタイル(水道直結)

コストを優先したいおすすめ第2位

定額制ウォーターサーバーの画像 ウォーターサーバーランキングスペック

もっと詳しく

アクアスタイル おすすめのポイント

  1. 定額使い放題でコスパがバツグン
  2. インテリアの邪魔をしないシンプルなデザイン

 

 

HummingWater(水道水補給)

コストを優先したいおすすめ第3位

ウォーターサーバーの画像 ウォーターサーバーランキングスペック

もっと詳しく

HummingWater おすすめのポイント

  1. 定額使い放題でコスパがバツグン
  2. シンプルで洗練されたデザイン

 

 

 

 

⑨ 手間を省きたい

日常の手間を省きたい場合には『水道直結タイプ』一択となります。

ボトルタイプの場合は、

定期的に送られてくるボトルタンク(多くが12㍑×2つセットで配送)の受け取りや本体への設置、使用後のボトルタンクの取り外しと処分などの手間がかかります。

 

水道水補給タイプの場合は、

ウォーターサーバー本体に水道水を手作業で補給する手間が必要になります。

 

水道直結タイプの場合は、

給水パイプが本体に接続されているので、給水する必要がありません。

最も手間のかからないタイプが水道直結タイプなのです。

 

 

楽水(らくみず)・標準

手間を省きたいおすすめ第1位

ウォーターサーバーらくみずの画像 ウォーターサーバーランキングスペック

もっと詳しく

楽水(らくみず)おすすめのポイント

  1. ボトルの交換や水道水の補給の手間が無い『水道直結タイプ』で最安
  2. 豊富なラインナップと優れた機能性

お得なキャンペーン情報

 

 

アクアスタイル(水道直結)

手間を省きたいおすすめ第2位

定額制ウォーターサーバーの画像 ウォーターサーバーランキングスペック

もっと詳しく

アクアスタイル おすすめのポイント

  1. 定額使い放題でコスパがバツグン
  2. インテリアの邪魔をしないシンプルなデザイン

 

 

楽水(らくみず)・RO水

手間を省きたいおすすめ第3位

定額制ウォーターサーバーの画像 ウォーターサーバーランキングスペック

もっと詳しく

楽水(らくみず)おすすめのポイント

  1. ボトルの交換や水道水の補給の手間が無い『水道直結タイプ』で最安
  2. 豊富なラインナップと優れた機能性

お得なキャンペーン情報

 

 

 

まとめ

今回は9つの用途別に3機種づつ厳選したウォーターサーバーをご紹介してきました。

メーカー別に整理したものが次の表です。

 

楽水ウォーターサーバー

5機種

バナジウム天然水【フレシャス】

3機種

アクアクララ

3機種

AQUA STYLE

3機種
(本契約)

クリクラ

2機種

アルピナウォーター

2機種

【コスモウォーター】

1機種

プレミアムウォーター

1機種

ワンウェイウォーター

1機種

【ハミングウォーター】

1機種

おいしい水の宅配便

1機種

フレール「千里の命水」

1機種

 

ここで取り上げた機種は、30時間ほどの時間をかけて厳選したものです。

結果を見てみると、シェアの高い機種はひと通り入ってはいるものの、1機種や2機種となっている場合が多いようです。

意外にも、『水道直結タイプ』である楽水のシリーズが健闘していることに結果をみて驚きました。

今後も視点を変えたウォーターサーバーの比較を行っていきますので参考にしていただければ幸いです。

 

関連記事:

【絶対に後悔しないウォーターサーバー選び!No.1】

【絶対に後悔しないウォーターサーバー選び!No.2】

【絶対に後悔しないウォーターサーバー選び!No.3】

【絶対に後悔しないウォーターサーバー選び!No.4】

【絶対に後悔しないウォーターサーバー選び!No.5】

【絶対に後悔しないウォーターサーバー選び!No.6】

【絶対に後悔しないウォーターサーバー選び!No.7】

【絶対に後悔しないウォーターサーバー選び!No.8】

【絶対に後悔しないウォーターサーバー選び!No.9】 ※今開いている記事

 

 

 

Translate »