■ウォーターサーバー メーカー 商品紹介

【ウォータースタンド】定額使い放題のウォーターサーバー!その魅力を徹底解明

ウォータースタンド画像

 

定額使い放題のウォーターサーバーってちょっと気になるけど、どんな特徴があるんだろう・・

『定額使い放題』機種の特徴

  • ひと月の利用料が固定
  • 好きなだけ水を使ってもかかる費用は水道代だけ(100㍑で24円前後)
  • 料理にも思う存分に使える
  • 大家族やお店、オフィスでも大活躍
  • RO水と浄水が選べる
  • 天然水は選べない
  • 工事不要の『補給タイプ』と工事が必要な『直結タイプ』がある
定額制のウォーターサーバーはラインナップはそれほど多くはないんだけど、特徴を理解して利用するとメリットの多い機種なんだよ。

 

 

ウォータースタンド『ネオ』・『ステラ』

水は買わない。自宅でつくるという発想。

 

ウォーターサーバーというと、ボトルやパックに入った水を購入して使うタイプが主流ですが、ウォータースタンド社(以下ウォータースタンド)の『ネオ』と『ステラ』は、自宅の水道を利用して美味しい水をつくるという発想のウォーターサーバーです。

 

ウォータースタンドの『ネオ』と『ステラ』の大きな特徴は次の3点です。

  1. 定額使い放題!たっぷり使っても利用料は月額定額
  2. 使い勝手の良いコンパクトな卓上式
  3. 日常の手間がかからない水道直結タイプ
ネオの写真 ステラの写真
ネオのスペック ステラスペック

この2機種の機能や特徴をみていく前に、前提となる情報を2つほど整理していきたいと思います。

ウォーターサーバー全体での位置付けを理解することで、より魅力が伝わるものと思います。

 

 

 

定額制使い放題のウォーターサーバーとは

ウォーターサーバーの主流は、ボトル容器を本体にセットして使う『ボトルタイプ』となりますが、今回ご紹介するウォーターサーバーは、水道管から直接給水パイプを本体に直結する『水道直結タイプ』です。

はじめに、水道直結タイプの位置付けを簡単にご案内します。

 

 

ウォーターサーバーの3つのタイプ

ウォーターサーバーには、給水方式の違いによって3つのタイプがあります。

  • ボトルタイプ・・・・ボトルを購入し本体にセットする
  • 水道水補給タイプ・・手作業で給水・設置工事不要
  • 水道直結タイプ・・・水道管分岐なので給水の手間なし・設置工事必要

関連記事:ウォーターサーバー26のブランドを3つのタイプに分類してみた!

 

今回ご紹介するウォータースタンド社の2機種は、『水道直結タイプ』の卓上式ウォーターサーバーです。

 

タイプ別のイラスト

こちらの図は、給水方式の違いによる3つのタイプ別に、取り扱うメーカーの数を比べたものです。

主流である『ボトルタイプ』の取り扱いが18社と、ダントツなことがわかります。

 

少数派の『水道水補給タイプ』と『水道直結タイプ』って何か劣る点があるのかなぁ・・?
劣る点は全くないんだよ。次の項目で記載している特徴の表をよく見てごらん。使う用途によっては絶対に後悔しない機種になるからね。

 

ボトルタイプはボトルに入った水の容器を、利用する分だけ購入するのに対して、水道水補給タイプと水道直結タイプの2種類は、家にある水道水をそのまま利用するので、いくら水を使っても水道代以外の使用料は定額固定で使い放題となります。

メモ

水道代の目安は、1㍑あたり0.24円。100㍑使っても24円前後。

 

主流である『ボトルタイプ』と、定額使い放題である『水道水補給タイプ』『水道直結タイプ』の特徴を理解すると、後悔せずに自分にぴったりあったウォーターサーバーを選ぶことができます。

次に記載する特徴をご確認ください。

 

 

タイプ別の特徴

給水方式によって3つのタイプに分かれるウォーターサーバーですが、その基本機能は全く一緒です。

どれも冷水と温水が使え、機種によっては常温や調乳用の温水も使えるなど、タイプによる基本機能の違いはありません。

大きく違うのは、下記の表の通り主に2点です。

  • 水の種類
  • 日常の手間

 

タイプ別の特徴

 

ウォーターサーバー全体の中での、『水道直結タイプ』の位置付けをご理解いただけたでしょうか。

使う用途に合っていれば、定額使い放題はとてもコスパの高いウォーターサーバーになります。

 

 

いったん『水道直結タイプのまとめ』をします

主流である『ボトルタイプ』は、利用する分のボトルを都度購入し、本体にセットして使う仕様に対して、水道直結タイプは水道管からパイプを分岐し本体へ直結する仕様となるため、水の補給の手間が一切かからない最もお手軽なウォーターサーバーです。

 

天然水は選択できない事と、水道管からパイプを分岐する設置工事が必要な事(初回のみ30分~1時間)が了解できればとてもメリットの大きな機種なんです。

 

ウォーターサーバーとしての基本機能である『冷水機能』と『温水機能』、そして『電気代』や『使い勝手』は全て共通でありながら、定額で使い放題であるのがとても嬉しくなります。

 

 

 

ウォータースタンド 『ネオ』と『ステラ』の違い

ウォータースタンドの『ネオ』と『ステラ』は、どちらも水道直結タイプのウォーターサーバーです。

 

  • 水道直結タイプ
  • 卓上に置けるコンパクトな本体
  • 定額使い放題
ネオの写真 ステラの写真
ネオのスペック ステラスペック

 

上記のスペック表を見ると、月額料金が違っています。

何が違うのかというと。

  • 『ネオ』は、通常の浄水型ウォーターサーバー
  • 『ステラ』は、RO水が利用できるウォーターサーバー

 

前項でご案内した、3つの特徴を整理した表にもあるとおり、水道直結タイプのウォーターサーバーは浄水型が一般的です。

『ネオ』は一般的な浄水型なのに対して、『ステラ』は専用フィルターによってRO水をつくることのできるウォーターサーバーになっています。

水道直結タイプのウォーターサーバーでRO水が利用できる機種は、『ステラ』のほかには、楽水(らくみず)の1機種のみとなります。

関連記事:楽水(らくみず)はコスパが高い?

 

 

ウォータースタンド『ネオ』

機能と価格をベストバランスでまとめあげた一台

ネオの画像 ネオの画像 ネオの写真

 

水道に直接つないで水をろ過する

コンパクトな本体なので、キッチンの脇のちょっとしたスペースに設置することができます。

どれだけ水を使っても、定額費用3,850円(税込)のみで使い放題。

だからお料理やペット、植物の水やりなどにもたっぷりと水を使うことができます。

 

冷水・温水、そして常温水

本体の中に3つのタンクがはいっていて、それぞれ冷水(2.5㍑分)・温水(1㍑分)・常温水(2㍑分)をいつでも使いたい時に使いたいだけ利用することができます。

ウォーターサーバーで常温の水が利用できる機種は貴重です。

もちろん、フィルターを通した浄水として利用することができます。

 

利用料金・サポート

ウォータースタンド『ネオ』の月額利用料:

長得プランで3,850円(税込)

通常プランは4,378円(税込)

ポイント

長得プランは、初回に登録料11,000円(税込)を支払うことで利用することができるプランです。

22か月以上利用した場合に、使うほど通常プランよりお得になるプランです。

 

初回の水道管分岐工事(30分~1時間程度)は無料で実施しています。

 

長得プラン3,850円には、下記のフルサポートが含まれています。

  • 初回取付工事代
  • 6か月に一度の専門スタッフによる定期メンテナンス
  • フィルター代金とフィルター交換費用
  • 製品保証
  • 年中無休での電話サポート
  • 万が一の本体交換

 

解約料は、1年未満の場合は11,000円(税込)

1年以上利用の場合はいつ解約しても解約料金はかかりません。

契約期間が1年間というのはウォーターサーバー全体の中でも期間がもっとも短く、良心的だと言えます。

 

公式サイトはこちら:ウォータースタンド

 

ウォータースタンド『ステラ』

ピュアウォーターをもっと身近に!

ステラの画像 ステラの画像 ステラの画像

 

業界初!サーバー内を自動除菌

ステラは、電気分解方式で除菌水を生成し、循環除菌・流路除菌・コック除菌を行い、より衛生的に利用することができるウォーターサーバーです。

 

ステラの除菌機能

 

  • サーバーが電解水を生成し、サーバー内の配管や各フィルター内を1日に1回自動で除菌清浄します。
  • サーバー内の配管やフィルターに加えてタンク内も電解水で除菌清浄。さらにタンクの水も自動で入れ替えます。
  • 除菌ボトルを抽出口にセットし、60秒間除菌を行います。いつでも清潔に保つことができます。

 

 

世界水準の高性能フィルター

ステラは水道直結タイプの中では珍しい、RO水を生成することができるウォーターサーバーです。

 

ステラの画像

  • ネオセンスフィルター:微細浮遊物質・錆・残留塩素・農薬・揮発性有機化合物を除去します
  • ROメンブレンフィルター:最近・ウィルス・重金属を徹底除去、純水と不純物に分離します
  • イノセンスフィルター:水のにおいを除去し、まろやかな味に仕上げます

 

ステラ画像

 

 

冷水・温水、そして常温水

本体の中に3つのタンクがはいっていて、それぞれ冷水(2.5㍑分)・温水(1㍑分)・常温水(2㍑分)をいつでも使いたい時に使いたいだけ利用することができます。

ウォーターサーバーで常温の水が利用できる機種は貴重です。

もちろん、フィルターを通したRO水として利用することができます。

 

冷水温度はJIS規格の冷蔵庫と同じく5℃~8℃。

温水温度は93℃となっており、平均的なウォーターサーバーの85℃と比べて熱いお湯を常に利用することができます。

さらに、『中』と『低』の設定ができ、それぞれ85℃/75℃の温度設定でRO水を利用できます。

赤ちゃんのミルク作りにも最適なウォーターサーバーです。

 

 

その他の機能

  • 一目でわかるタッチパネル操作
  • 賢い自動節電機能
  • 安心のチャイルドロック機構
  • 選べる抽出量
  • 微粒子ろ過システム

 

 

利用料金・サポート

ウォータースタンド『ステラ』の月額利用料:

長得プランで6,050円(税込)

通常プランは6,578円(税込)

ポイント

長得プランは、初回に登録料11,000円(税込)を支払うことで利用することができるプランです。

22か月以上利用した場合に、使うほど通常プランよりお得になるプランです。

 

初回の水道管分岐工事(30分~1時間程度)は無料で実施しています。

 

長得プラン6,050円には、下記のフルサポートが含まれています。

  • 初回取付工事代
  • 6か月に一度の専門スタッフによる定期メンテナンス
  • フィルター代金とフィルター交換費用(6か月ごと)
  • 製品保証
  • 年中無休での電話サポート
  • 万が一の本体交換

 

解約料は、1年未満の場合は11,000円(税込)

1年以上の利用の場合はいつ解約しても解約料金はかかりません。

契約期間が1年間というのはウォーターサーバー全体の中でも期間はもっとも短く、良心的だと言えます。

 

公式サイトはこちら:ウォータースタンド

 

 

 

まとめ

 

『定額使い放題』ネオとステラの特徴

  • ひと月の利用料が定額(ネオ3,850円/ステラ6,050円)
  • 好きなだけ水を使ってもかかる費用は水道代だけ(水道代目安100㍑で24円前後)
  • 料理にも水やりにも思う存分に使える
  • 大家族やお店、オフィスでも大活躍
  • RO水と浄水が選べる
  • 冷水・温水のほかに製水した常温を選べる
  • コンパクトな本体に大きな容量の3つのタンク
  • 取付け工事代無料

 

ウォーターサーバーというと、ボトルタンクを利用したタイプが主流となっていますが、毎月の費用や日常の手間を実際に経験すると、もっときちんと調べておけば良かった・・と後悔する人が多いことも事実です。

 

  • ウォーターサーバーの機能面はまったく一緒で毎月の支払いが驚くほど違う!
  • 水の使用量を気にしながらの利用に少なからずストレスを感じてしまう!
  • 日常の手間がひとつも無くてとてもラク!

 

ウォーターサーバーは一度導入すると長く付き合っていく家電製品です。

このように満足のできる選択ができるように、ポイントを抑えた情報集めを行うことをおすすめします。

その際にこちらのページがお役に立てば嬉しいです。

 

お申込み・お問い合わせはこちらから。

ウォータースタンド

 

 

 

>>無料お試しができるウォーターサーバー6機種をご紹介!

 

 

 

 

 

 

 

 

Translate »