■ブログ・ソフト

【Rinker】ワードプレスのプラグイン『リンカー』でamazon・楽天・Yahoo!の価格比較を簡単作成!

amazonや楽天、Yahooショッピングの価格比較をプログで表示させたいんだけど、どうやるんだろう・・

 

価格比較をする方法はいくつかあるんだけど、『Rinker』というワードプレスのプラグインを使うのが一番簡単だよ。

 

↓今回ご紹介する商品リンクボックス↓

このような商品リンクボックスを見たことがあると思います。
紹介したい商品を、amazon・楽天・Yahooショッピングで簡単に金額比較ができる便利なツールです。
今回はこの商品リンクボックスの導入方法について、初心者目線でできるだけわかりやすくご紹介していきます。

 

商品リンクボックスのいろいろ

商品紹介で便利な商品リンクボックスを作成するツールはいくつかあります。

  • Rinker
  • カエレバ
  • MyLinkBox

結論から言うと、最もおすすめの商品リンクボックスは現状ではRinker一択となります。

カエレバは、以前できていたamazonのリンク生成が現在はできない仕様になってしまいました。
MyLinkBoxは、バリューコマースというASPサービスが独自に作成したツールなので、他の単価の高いASPサービスとの併用ができないという点。

Rinkerはこれらの弱点をカバーしている唯一の商品リンクボックスになります。

 

 

Rinkerを導入する前準備

  • ASPサービスである『もしもアフィリエイト』に登録
  • もしもアフィリエイト上でamazon・楽天・Yahoo!ショッピングと連携

最低限、この2つが必要になります。

>>もしもアフィリエイトの無料登録はこちら

メモ

  • amazonアソシエイトの審査は済んでいなくても大丈夫です。もしもアフィリエイト経由でamazon商品を販売する方が報酬率が高いためです。
  • Yahoo!ショッピングは、もしもアフィリエイトとバリューコマースのどちらでも登録が可能です。バリューコマースの方が報酬率が高いのでおすすめですが、今回はわかりやすくご案内するために、もしもアフィリエイト経由で3つのサイトを登録する手順としていますのでご了承ください。もちろん、あとからバリューコマースへ変更ができます。

 

 

Rinkerのインストール

それではRinkerのインストールをはじめましょう。

Rinkerはワードプレスのプラグインから検索はできませんので、下記のURLからプログラムをダウンロードすることになります。

Rinkerダウンロードサイト

画面上部にある『ログイン』を押します。

Rinkerの画像

 

『pixiv IDを作ってログイン』を押します。

Rinkerの画像

 

pixiv IDを作成しログインするとこのような画面に変わります。
『無料ダウンロード』を押して任意の場所に保存します。

Rinkerの画像

 

ワードプレスのダッシュボードを開きます。

Rinkerの画像

  1. ダッシュボードを開く
  2. プラグインを押す
  3. 新規追加を押す
  4. プラグインのアップロードを押す
  5. ファイルを選択で先ほどダウンロードしたファイルを指定する
  6. 今すぐインストールを押す

 

インストールが終わったら、プラグインを有効化ボタンを押してインストールは終了です。

Rinkerの画像

 

 

Rinkerの設定

次にRinkerの設定を行います。

  1. もしもアフィリエイトで事前に提携したamazon・楽天・Yahoo!ショッピングのIDをコピーする
  2. コピーしたIDをRinkerに貼り付ける

これだけです。

 

メモ

  • 登録したいサイトだけを設定します
  • おすすめは、amazon・楽天・Yahoo!ショッピングの3つ全ての登録です

 

amazonはアマゾンアソシエイトに合格していれば、アクセスキーとシークレットキーを取得し設定ができますが、もしもまだアマゾンアソシエイトに合格していないという方でも設定が進められるように、今回はもしもアフィリエイト経由での登録を行います。
誰でも登録できる方法です。
もしもアフィリエイトの登録がお済みで無い場合は下記より登録を済ませてください。

>>もしもアフィリエイトの無料登録

楽天もYahooショッピングも同様に、もしもアフィリエイト経由での登録で進めていきます。
びっくりするくらい簡単なので心配しないでください。

 

amazonIDの登録

もしもアフィリエイトの無料登録がお済みで無い場合は、先にこちらから登録を済ませてください。
もちろん無料で登録ができます。

>>もしもアフィリエイトの無料登録

 

もしもアフィリエイトにログインし、『amazon』を検索します。

Rinkerの画像

 

検索結果にamazonが出てきたら、右上の『提携申請をする』を押します。
※下記の画像は既に提携済みのものなのでボタンの名称が違っています。

Rinkerの画像

 

『提携中』の表示が出たら、その下にある『広告リンク取得』を押します。

Rinkerの画像

 

『a_id=◯◯◯◯◯◯◯』の数字7桁をコピーします。

Rinkerの画像

 

ワードプレスのダッシュボードを開きます。
設定』→『Rinker設定』と進み、画面を下にスクロールすると、『もしもアフィリエイト設定』の項目が出てきます。
AmazonIDの欄に先ほどコピーした7桁の数字を貼り付けます。
もしもリンク優先ショップにもチェックを入れて、画面下へスクロール。『変更を保存』を押して保存します。

Rinkerの画像

これでamazonIDの設定は終わりです。
続いて楽天IDを設定していきます。

 

楽天IDの登録

次に楽天IDの登録を行います。
手順はamazonと全く同じです。

もしもアフィリエイトにログインし、『楽天』を検索します。
提携申請を行った後、広告リンク取得ボタンを押します。

Rinkeの画像

 

コードの中にある『a_id=〇〇〇〇〇〇〇』の7桁の数字を見つけてコピーします。

Rinkerの画像

 

ワードプレスのダッシュボードを開きます。

Rinkerの画像

  1. 設定を押す
  2. Rinker設定を押す
  3. 楽天ID蘭に先ほどコピーした数字7桁を貼り付け
  4. 変更を保存

 

Yahoo!ショッピングIDの登録

Yahoo!ショッピングIDもamazon、楽天と同様に登録します。

 

 

 

Rinkerの使い方

 

Rinkerの画像

 

 

Rinkerの画像

  1. 『楽天市場から商品検索』タブを開く
  2. 検索したい商品名を入力
  3. 検索

今回は、amazonアソシエイト経由でのID取得ではなく、もしもアフィリエイト経由でamazonIDを取得したので、『amazonから商品検索』を行うとエラー表示が出てしまいます。

商品検索ができない場合

【エラー】リクエスト回数が多過ぎます。しばらく時間を開けて空ご利用ください。

このようなエラーが出て検索ができない場合は、次の手順を試みてください。
手順は次の2つです。

  1. 楽天アプリIDを発行する
  2. Rinkerに楽天アプリIDを登録する

 

下記にアクセスし、ログインします。

Rakuten Developersサイト

画面上部にある『+アプリID発行』を押します。

Rinkerの画像

 

こちらが楽天アプリID発行画面です。

Rinkerの画像

  1. Webサイト名を入力
  2. サイトのURLを入力
  3. 認証用の文字を入力
  4. アプリ作成ボタンを押す

 

発行されたアプリIDをコピーします。

Rinkerの画像

 

Rinkerの設定画面に戻り、画面中ほどにある『アプリID/デベロッパーID』に貼り付け、設定を保存します。

Rinker

 

これで登録は完了です。
あらためて商品リンクを作ってみたいと思います。

Rinkerの画像

 

 

表示したい商品を入力し、検索結果に反映されれば設定は完了です。

 

Rinkerの画像

 

 

 

まとめ

amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなど、複数の販売サイトの料金比較を簡単に作成し、Webページに表示できる『商品リンクボックス』。

この便利な商品リンクボックスを作ることができるプラグインがいくつかありますが、現時点でもっとも使い勝手の良い『Rinker』をご紹介しました。

amazonを登録する場合は、amazonアソシエイトの審査に通っている必要がありましたが、現在ではもしもアフィリエイト経由で設定することができ、その場合は審査に通っていなくても利用することが可能です。

楽天市場を登録する場合は、もしもアフィリエイト経由のみとなります。

Yahoo!ショッピングを登録する場合は、もしもアフィリエイトとバリューコマースの両方で設定が可能です。報酬率はバリューコマースの方が若干高いのでおすすめです。
※今回はわかりやすさを優先したので、もしもアフィリエイト経由のみでまとめてご案内しました。

 

 

Translate »